現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1カタールGP FP1:唯一のフリー走行はフェルスタッペンが最速、フェラーリ勢が続く。角田裕毅は6番手

ここから本文です

F1カタールGP FP1:唯一のフリー走行はフェルスタッペンが最速、フェラーリ勢が続く。角田裕毅は6番手

掲載 1
F1カタールGP FP1:唯一のフリー走行はフェルスタッペンが最速、フェラーリ勢が続く。角田裕毅は6番手

 2023年F1第18戦カタールGPのフリー走行1回目が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップタイムをマークした。2番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)、3番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は6番手だった。

 カタールGPは、コロナ禍の2021年に初めて開催された。昨年はカタールでサッカーのワールドカップが開催されたためF1は行われず、今年が2回目となる。舞台となるロサイル・インターナショナル・サーキットでは改修工事が行われた。路面は全面的に再舗装され、縁石も変更し、安全性の向上のためにコースには2.5キロのデブリフェンスを設置。デジタルフラッグパネルやマーシャルポストもアップグレードされるなど、大規模な改修となった。

【タイム結果】2023年F1第18戦カタールGPフリー走行1回目

 気温35度、路面温度41度というコンディションで、現地時間16時半にセッションがスタート。コース上は砂が舞っており、走り出したフェルスタッペンは「すごく滑りやすい」と報告している。なおこの週末は今年4度目のスプリントフォーマットでの開催となり、フリー走行はこの1回のみだ。

 開始早々カルロス・サインツ(フェラーリ)に「問題があるからスローダウンして」と無線が入るが、すぐに解決したようだった。序盤は半数以上がハードタイヤで走行し、カタールGP初代ウイナーのルイス・ハミルトン(メルセデス)が1分31秒279でトップ、僚友ジョージ・ラッセルが1分31秒613で2番手に続く。フェラーリ勢が3、4番手に並ぶが、オスカー・ピアストリ(マクラーレン)が割って入った。

 角田はミディアムタイヤで1分32秒886と9番手。アルファタウリはこの週末もダニエル・リカルドの代わりにリアム・ローソンを起用しており、そのローソンもミディアムを履いて走行。一度ピットに入り、再びコースに出ている。

 路面コンディションの改善に伴いタイムは徐々に上がっていく。セッション中盤にはフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)が1分28秒624、ルクレールが1分29秒082、フェルスタッペンが1分29秒316というトップ3で折り返しを迎えた。またピットに入ったルクレールは「エンジンから変な音がした」と報告していた。

 後半に入っても1セット目のハードタイヤで走り続けるドライバーも多かったが、そんななか上位勢ではフェラーリが新品のミディアムタイヤを投入した。それでもトップタイムを更新したのはユーズドのハードを履くピアストリで、タイムは1分28秒380。チームメイトのランド・ノリスも0.061秒差で2番手につけた。

 最終盤にはフェラーリ以外の上位チームもミディアムを使用。一方レッドブルはハードでの走行を終えソフトタイヤを投入した。中団勢もアルファタウリをはじめ複数のチームがソフトを履いており、ここでタイヤの選択が分かれた。トップはフェルスタッペンで、タイムは1分27秒428。2番手は1分27秒762のサインツ、3番手は1分27秒909のルクレールとなっており、トップ3はいずれもソフトタイヤだった。

 アロンソはソフトを使わなかったものの、1分27秒919で4番手。5番手にはセルジオ・ペレス(レッドブル)が入り、角田が6番手。7番手以下はニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)、ラッセル、ピアストリ、ノリスというトップ10だった。

こんな記事も読まれています

CX-60は硬かったけど……新型CX-90は「しなやか足」!! 米仕様に乗ってわかったマツダのツメの甘さとは?
CX-60は硬かったけど……新型CX-90は「しなやか足」!! 米仕様に乗ってわかったマツダのツメの甘さとは?
ベストカーWeb
GRスープラには「爆弾」が必要だァ! ぜひ”豊田章男スペシャル”を作ってほしい!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
GRスープラには「爆弾」が必要だァ! ぜひ”豊田章男スペシャル”を作ってほしい!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
ホンダの最上級ミニバン『オデッセイ』が復活。一部改良を受け12月8日から発売
ホンダの最上級ミニバン『オデッセイ』が復活。一部改良を受け12月8日から発売
AUTOSPORT web
ミシュラン最新スポーツタイヤ パイロット・スポーツ5の実力は
ミシュラン最新スポーツタイヤ パイロット・スポーツ5の実力は
AUTOCAR JAPAN
やっぱMT最高!! なぜか北米専用仕様WRX S4のマニュアルは日本導入熱望のデキ
やっぱMT最高!! なぜか北米専用仕様WRX S4のマニュアルは日本導入熱望のデキ
ベストカーWeb
新型スズキ・スペーシアが軽3強の中で注目なワケ NAとターボで試乗・検証
新型スズキ・スペーシアが軽3強の中で注目なワケ NAとターボで試乗・検証
AUTOCAR JAPAN
今なら1500万円ってマジか? 嗚呼……後悔先に立たず! なぜ第2世代エボ最高? の「ランエボVIマキネンエディション」を売ってしまったのか?
今なら1500万円ってマジか? 嗚呼……後悔先に立たず! なぜ第2世代エボ最高? の「ランエボVIマキネンエディション」を売ってしまったのか?
ベストカーWeb
メキシコ国境の近くに出現する「雪原」の正体は?「ホワイトサンズ国立公園」の壮大な風景は寄り道する価値ありです【ルート66旅_29】
メキシコ国境の近くに出現する「雪原」の正体は?「ホワイトサンズ国立公園」の壮大な風景は寄り道する価値ありです【ルート66旅_29】
Auto Messe Web
ハイラックスの北米版 トヨタの新型ピックアップ「タコマ」 12月から北米で発売
ハイラックスの北米版 トヨタの新型ピックアップ「タコマ」 12月から北米で発売
AUTOCAR JAPAN
走行28万キロ! フィアット「500R」のアミアミシートはDIY仕上げ「神奈川から四国まで旅した」ファーストカーを紹介します
走行28万キロ! フィアット「500R」のアミアミシートはDIY仕上げ「神奈川から四国まで旅した」ファーストカーを紹介します
Auto Messe Web
見た目変化なしも“フルアップデート”済み。ポルシェ、『963』に前倒しでジョーカー投入
見た目変化なしも“フルアップデート”済み。ポルシェ、『963』に前倒しでジョーカー投入
AUTOSPORT web
多すぎるリタイアの“代償”は大きいとアルピーヌF1のオコン。2024年シーズンは「全開でレースをするだけ」
多すぎるリタイアの“代償”は大きいとアルピーヌF1のオコン。2024年シーズンは「全開でレースをするだけ」
AUTOSPORT web
唯一無二の日産「商用バン」世界初公開! 「トランスミッション付きEV」はなぜ生まれた? ジヤトコが考えるEV時代の役割とは
唯一無二の日産「商用バン」世界初公開! 「トランスミッション付きEV」はなぜ生まれた? ジヤトコが考えるEV時代の役割とは
くるまのニュース
元FIA会長トッドが2008年F1シンガポールGPに言及「不正に操作されたので間違いなく中止されるべきだった」
元FIA会長トッドが2008年F1シンガポールGPに言及「不正に操作されたので間違いなく中止されるべきだった」
AUTOSPORT web
トップ・ギアが選ぶ「カー・オブ・ザ・イヤー2023」 7月に初披露のヒョンデ・アイオニック5 Nが受賞
トップ・ギアが選ぶ「カー・オブ・ザ・イヤー2023」 7月に初披露のヒョンデ・アイオニック5 Nが受賞
AUTOCAR JAPAN
ダイアモンド☆ユカイさんが初カスタム! クルマで表現する“ロック”な世界
ダイアモンド☆ユカイさんが初カスタム! クルマで表現する“ロック”な世界
レスポンス
エクストリームHがFIA、F1とともに共同で水素技術開発に向けたワーキンググループを設立
エクストリームHがFIA、F1とともに共同で水素技術開発に向けたワーキンググループを設立
AUTOSPORT web
黒グリルが「めちゃ精悍」! 斬新シフト搭載の「小さな高級車」日本発売! 新型「A3」セダンとハッチで426万円から登場
黒グリルが「めちゃ精悍」! 斬新シフト搭載の「小さな高級車」日本発売! 新型「A3」セダンとハッチで426万円から登場
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • 中嶋から観てるけど日本人ドライバーを応援する気になれないのは初めてで戸惑っている
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村