サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリ、2021年用”18インチF1タイヤ”の年内開発テストを完了。ラッセルがメルセデスのマシンで200周以上を走破

ここから本文です
 ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、12月3日(火)、4日(水)の合同ポストシーズンテストに引き続きメルセデスのF1マシンをドライブ。8日(日)と9日(月)の2日間にわたり、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットでピレリの18インチF1タイヤをテストした。走行距離は、2日間合計で200周以上に及んだ。

 2021年シーズンから、F1のホイールリム径は現状の13インチから18インチに変更されることになっている。F1タイヤの公式サプライヤーであるピレリは、そのためのタイヤ開発に従事。

おすすめのニュース

サイトトップへ