サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタとENEOSがタッグ! トヨタが推進するコネクテッド都市「ウーブンシティ」での「水素」利活用の検討を開始

ここから本文です

「つくる」「運ぶ」「使う」を一貫して行える環境づくりを進める

 トヨタ自動車は2021年5月10日、日本最大の石油元売り企業、ENEOSと水素エネルギーの利活用について具体的な検討を進めることに基本合意したと発表した。トヨタが静岡県裾野市に建設する「Woven City」と名付けたコネクティッド・シティの近隣に水素ステーションを建設することなどを検討項目として挙げている。

トヨタがNTTと提携して進める「コネクティッド・シティ」構想ってなに?

 ENEOSは四大都市圏において商用水素ステーションを45カ所展開する水素事業のリーディングカンパニーだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン