サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:成長続く小椋、転倒リタイアでも「“今季ベスト”のレースだった」と手応え

ここから本文です
 小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)がMotoGP第7戦カタルニアGPで転倒したのは、レースがラスト3周を迎えた21周目の4コーナーだった。アウグスト・フェルナンデス(Elf Marc VDS Racing Team)と6番手を争うバトルの最中に、右へ旋回する4コーナーの進入で前へ出ようとしたものの、ブレーキングで停まりきれずにグラベルへオーバーランしてしまった格好だ。

「トップグループが少し離れてしまったあと、限界に近いペースでフェルナンデス選手とずっと一緒に走っていました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン