サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今では失われつつあるスポーツモデル? ちょっと前の1.6リッター車3選

ここから本文です

■今では激減したテンロク自然吸気エンジンのスポーツモデルを振り返る

 1980年代から1990年代にかけて隆盛を極めていたのが、1.6リッターエンジンのスポーツモデルです。高性能なエンジンを搭載し、比較的手頃な価格とあって走り好きの若いユーザーから絶大な人気を誇りました。

日産 新型「シルビア」e-POWER搭載で復活か! 凄い新世代FRスポーツの可能性!

 1.6リッターエンジンは、主にモータースポーツのレギュレーションに端を発した排気量ということもあり、小型軽量でスポーティなモデルにこぞって採用されましたが、次第に需要が低迷したことから2000年代に減少。今ではわずかな車種だけになってしまいました。

おすすめのニュース

サイトトップへ