現在位置: carview! > ニュース > イベント > ポルシェの75周年とグッドウッド・スピードの30周年、ダブルで祝うダイナミックなイベント

ここから本文です

ポルシェの75周年とグッドウッド・スピードの30周年、ダブルで祝うダイナミックなイベント

掲載
ポルシェの75周年とグッドウッド・スピードの30周年、ダブルで祝うダイナミックなイベント

ポルシェが最初のスポーツカー356の登録から75年。グッドウッドの会場中央を駆け抜ける1.16マイルの難関ヒルクライムにも登場!

2023年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の名誉あるブランドとして、ポルシェはさまざまなアクションを披露した。「ポルシェ・カーズ・グレート・ブリテン」CEOのクリシャン・ボダーニ氏は、「グッドウッドが、私たちの情熱を、英国のエンスージアスト、ポルシェファン、オーナーと分かち合う素晴らしい機会を与えてくれたことを嬉しく思います。

タイからシンガポールまで29時間15分! 「ポルシェ・タイカン」で記録にも記憶にも残るロードトリップ

ポルシェは、1995年からフェスティバル・オブ・スピード、2010年からリヴァイヴァルをサポートしており、最も忠実で熱心なパートナーのひとつです」と、フェスティバル・オブ・スピードの主催者である11代目リッチモンド公爵は述べた。

【写真68枚】伝説の名車と最新モデルが一堂に会した貴重なイベント 

ポルシェ718スパイダーRSのグローバルダイナミックデビュー
ポルシェファンやオーナーは、会場中央を駆け抜ける1.16マイルの難関ヒルクライムを中心に、数々のアクションを楽しんだ。グッドウッドの有名なヒルクライムを駆け上がった数多くのポルシェモデルの1台は、ポルシェ初のスポーツカー「1948年型 356 No.1」だった。また、ポルシェ75周年を記念して発表された「718 スパイダーRS」は、グッドウッドの丘で世界的なデビューを飾った。

そのほか、最新の「911 GT3 RS」「911ダカール」、サーキットに最適化されたマンタイキットを装着したミッドエンジンの最新バージョン「718 GT4 RS」、そして新型「カイエンS」など、フェリーが夢見たモダンのロードゴーイングカーが登場した。また、ポルシェはグッドウッドの会場のあちこちで、他に類を見ない静的展示や臨場感あふれる展示を行った。


フェスティバル・オブ・スピードの名誉ブランド
今回で4回目となるポルシェは、フェスティバル・オブ・スピードの名誉ブランドとして、グッドウッド・ハウスの外に特注の彫刻を設置した。ロンドンを拠点に活動するジェリー・ジューダのデザインによる今年の彫刻は、50トンの鋼鉄で作られ、ポルシェの75年間を代表する6台の車が展示された。1951年の「356」、1960年の「718 フォーミュラ2」、1990年の「962C」、2009年の「911タイプ997 スポーツクラシック」「963」、そして最新の「911タイプ992」である。

ポルシェ・エクスペリエンス・ブースでは、ポルシェの最新モデルが展示される中、ル・マンスタイルのドアが上方に開き、高性能で効率的な電動パワートレインを搭載した、ハイパーカーを華麗に再解釈した「ミッションXコンセプト」を見ることができた。ポルシェブースで世界デビューを飾った「ヴィジョン357 スピードスター」は、356からの影響を受けたルーフレスのオールエレクトリックマシンである。

また、356の影響を受け、フェリーの夢の本質と実現を表現したフローラル356「アートカー」も展示された。デジタル・アーティストのリュージョンは、フェリー・ポルシェの独創的なビジョンを3つの段階を通して表現する没入型デジタル・アートワークを制作した。

ランダムに自由な発想が飛び交う冒頭のシーンから、思考が形になり始める段階へと速やかに移行する。アートワークは、一粒の種から何百もの花が咲き乱れ、ポルシェ356の輪郭が形作られるところでクライマックスを迎えます。この色彩豊かなメタファーに対するアーティストの解釈を、ポルシェブースでカラフルに表現したのが「Flower 356」である。

ポルシェブースの様々な見どころ
このほかにも、ポルシェ クラシック、ポルシェショップ、カフェ、子供用プレイエリア、DJなど、ポルシェブースの見どころは多岐にわたった。ポルシェブースの後方には、ポルシェクラブGBの会員専用の広い駐車場が設けられ、「ラビリンス」と呼ばれるポルシェ75周年のロゴがカラフルに再現された中を来場者が歩くことができるようになっていた。

グッドウッドのクリケット場には、アーティストのクリス・ラブロイによる個性的なアートインスタレーション「ドリームビッグ」が設置された。レーシングドライバーのヘルメットをかぶった大柄な人物の手に握られた911カレラをフィーチャーしたこのクーペは、地面に沿って押されるとまるでおもちゃの車のように見える。


ポルシェ車のパレード
1970年のル・マン優勝者であるリチャード・アットウッドがドライブした「917」から、「935/76」、ティモ・ベルンハルトがドライブした「919 ハイブリッド」まで、ポルシェの過去75年間の偉大なレーシングカーも丘に登場した。ツッフェンハウゼンからは、ポルシェ・ヘリテージ&ミュージアムチームによって、約20台の車両がグッドウッドに送られた。

また、919ハイブリッドで2015年のル・マンを制したポルシェのファクトリーレースドライバーであるニック・タンディ、現在のポルシェ963ドライバーラインナップからケヴィン・エストレとミハエル・クリステンセン、そしてポルシェのアンバサダーである2015年WECドライバーズチャンピオンで元グランプリウィナーのマーク・ウェバーもグッドウッドの祝賀会に参加した。

356 No.1を先頭に、1983年の実験的なレーシングバージョン928「トリゲマ」「カイエン・トランスシベリア」「959」「911タイプ993 ターボS」、そして1963年の登場以来100万台目の911として生産された特別な「911タイプ991」が、フェスティバルの木曜日にゴルファーでありポルシェ・アンバサダーでもあるポール・ケーシーによって丘を登った。

フェスティバルの外で行われた即席フェスティバル
史上初となる強風の中での開催だったため、フェスティバルは土曜日(通常は木曜日から日曜日まで開催)に中止となったが、日曜日には全プログラムが再開された。ポルシェのゲストとして世界各国から約70名のメディアが参加したため、土曜日にはクリエイティブな発想で新たなアクティビティを考案する必要があった。ポルシェ ヘリテージ&ミュージアムとポルシェカーズ グレイト ブリテンのPR部門が協力して、一晩で新しいプログラムが完成した。

約15台のクルマ(そしてポルシェのトラクターも!)がフェスティバル会場から5kmほど離れたウェスト・ディーン・カレッジにあるメディアベースへと運ばれた。953、911ダカール、新型カイエン、カイエン・トランスサイベリアの場合は道路を外れて。917/30を含むレースカーは、ヘリテージチームがデモンストレーションを行った。

ポルシェ・カーズ・グレート・ブリテンのゲストとして参加したモデルラインのエキスパートがウェストディーンにやってきてインタビューに応じ、デザイナーのインゴ・バウアー=シャインヒュッテがカーデザインに関するワークショップを行った。また、地元のコーヒー焙煎業者Cast Ironのバリスタによる完璧な一杯の淹れ方教室も開催された。すべての車両は一晩で再びフェスティバルに戻され、ゲストは日曜日にフェスティバルで一日中楽しめるように準備された。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

トヨタ、圧倒的な強さで今季2勝目! 8号車が優勝。僚機7号車はトラブルで1-2逃す|WECサンパウロ6時間レース
トヨタ、圧倒的な強さで今季2勝目! 8号車が優勝。僚機7号車はトラブルで1-2逃す|WECサンパウロ6時間レース
motorsport.com 日本版
MAXWINからGPS、Gセンサー、駐車監視システムを搭載したデジタルインナーミラー「MDR-C010A5Kai」が登場
MAXWINからGPS、Gセンサー、駐車監視システムを搭載したデジタルインナーミラー「MDR-C010A5Kai」が登場
@DIME
TGM Grand Prix、スーパーフォーミュラ第4戦富士で55号車のドライバーに大津弘樹の起用を決定
TGM Grand Prix、スーパーフォーミュラ第4戦富士で55号車のドライバーに大津弘樹の起用を決定
motorsport.com 日本版
高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 1
高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 1
レスポンス
「コストコ」で買える「カー用品」何がオススメ? 「ファイバークロス」だけじゃない「“使える”アイテム」とは
「コストコ」で買える「カー用品」何がオススメ? 「ファイバークロス」だけじゃない「“使える”アイテム」とは
くるまのニュース
トヨタ新型「和製スーパーカー」まもなく登場!? “超ロングノーズ”にV10搭載も!? “開発進捗中”目される「GR GT3」とは
トヨタ新型「和製スーパーカー」まもなく登場!? “超ロングノーズ”にV10搭載も!? “開発進捗中”目される「GR GT3」とは
くるまのニュース
一体どうすればいい? バイクでの走行中に突然雨が降ってきたときの対処法
一体どうすればいい? バイクでの走行中に突然雨が降ってきたときの対処法
バイクのニュース
あっ、左折に注意! 歩行者と運転手が知るべき「死角」…意識調査
あっ、左折に注意! 歩行者と運転手が知るべき「死角」…意識調査
レスポンス
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
ベストカーWeb
シティサーキット東京ベイで初めて!! 全日本カート選手権EV部門を開催 7月15日
シティサーキット東京ベイで初めて!! 全日本カート選手権EV部門を開催 7月15日
レスポンス
直進もOKな「道なりカーブ」に要注意!? 「ウインカー」は出すべき? 気になる進み方&「道交法的」に正しいのは?
直進もOKな「道なりカーブ」に要注意!? 「ウインカー」は出すべき? 気になる進み方&「道交法的」に正しいのは?
くるまのニュース
ここでUターンしたい! 原付一種で「転回」する時のやり方とは?
ここでUターンしたい! 原付一種で「転回」する時のやり方とは?
バイクのニュース
キャンバス生地が魅力、大人カジュアルなシートカバーの新作「CANVAS」登場
キャンバス生地が魅力、大人カジュアルなシートカバーの新作「CANVAS」登場
レスポンス
「コンパクトだけどフラッグシップ」な電動SUV、アルファロメオ『ジュニア・ヴェローチェ』
「コンパクトだけどフラッグシップ」な電動SUV、アルファロメオ『ジュニア・ヴェローチェ』
レスポンス
小林可夢偉がポール獲得。トヨタ、10年ぶりのWECサンパウロでフロントロウ独占【第5戦予選レポート】
小林可夢偉がポール獲得。トヨタ、10年ぶりのWECサンパウロでフロントロウ独占【第5戦予選レポート】
AUTOSPORT web
“史上最強のゴルフ”欧州で先行販売開始 フォルクスワーゲン新型「ゴルフR」は14馬力アップの333馬力
“史上最強のゴルフ”欧州で先行販売開始 フォルクスワーゲン新型「ゴルフR」は14馬力アップの333馬力
VAGUE
自動車へのサイバー攻撃で最もリスクが高いといわれる3つの領域
自動車へのサイバー攻撃で最もリスクが高いといわれる3つの領域
@DIME
【MotoGP】KTMへの圧力? アコスタ、夏休みにファクトリー訪問し内情確認へ「必要なだけオーストリアに行くつもり」
【MotoGP】KTMへの圧力? アコスタ、夏休みにファクトリー訪問し内情確認へ「必要なだけオーストリアに行くつもり」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1356.02024.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1430.02200.0万円

中古車を検索
718 スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1356.02024.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1430.02200.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村