サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ4台がトップ9グリッドへ「トリッキーな予選を全員がうまくマネージ。決勝の角田に期待」と田辺TD/F1第16戦

ここから本文です
 2021年F1トルコGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは7番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは5番手、角田裕毅は10番手で、ホンダのパワーユニット(PU)を搭載する4台すべてがQ3進出を果たした。全車Q3進出は、第9戦オーストリアGP以来のこと。

 予選最速タイムを記録したルイス・ハミルトン(メルセデス)がエンジン交換のペナルティでグリッドを降格されるため、4人はそれぞれひとつずつグリッドが繰り上がる。決勝スタートタイヤは、角田はソフト、他3人はミディアムタイヤとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ