サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ロケットみたいなフィンのやたらデカいクルマ! 昔のアメ車が「ド派手」だったワケ

ここから本文です

 この記事をまとめると

■1950~60年代のアメリカ車は大きなボディに華美な装飾が特徴だった

いまの日本には存在しない「熱」がある! 日本に導入されれば「当たりそうな」アメ車4選

■戦後、アメリカは世界一の国を自負し、クルマがステイタスの証としてゴージャスになった

■1960年代後半、クルマが多様化したことで急速に巨大なクルマは減っていった

 1950~60年代のアメリカ車のデザインにはいまでも圧倒される

 ネバダ州ラスベガスで毎年恒例行事となっている世界最大級の自動車アフターマーケット見本市「SEMAショー」。

おすすめのニュース

サイトトップへ