サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019/20フォーミュラE第3戦:ギュンターが最終ラップまで繰り広げられたバトルを制し初優勝

ここから本文です

2019/20フォーミュラE第3戦:ギュンターが最終ラップまで繰り広げられたバトルを制し初優勝

2019/20フォーミュラE第3戦:ギュンターが最終ラップまで繰り広げられたバトルを制し初優勝

 チリの首都、サンティアゴで開催されたABBフォーミュラE選手権の第3戦サンティアゴE-Prix。レースはマキシミリアン・ギュンター(BMW i アンドレッティ・モータースポーツ)が、最終ラップまで繰り広げられたアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチーター)とのバトルを制し、見事フォーミュラE初優勝を成し遂げた。

 ニッサン・e.ダムスはセバスチャン・ブエミが13位、オリバー・ローランドが17位に終わった。

【順位結果】19/20フォーミュラE第3戦サンティアゴ決勝レース

 第3戦のポールポジションを決めるスーパーポールに進出したのは、パスカル・ウェーレイン(マヒンドラ・レーシング)、オリバー・ターベイ(NIO 333レーシング)、フェリペ・マッサ(ベンチュリ・フォーミュラEチーム)、セバスチャン・ブエミ(ニッサン・e.ダムス)、マキシミリアン・ギュンター、ミッチ・エバンス(パナソニック・ジャガー・レーシング)の6人。

 昨シーズン、このサンティアゴでポールポジションを獲得しているブエミもスーパーポールに進出し、2年連続ポールポジションの期待もかかったが、アタックは不発に終わり、6番手タイムとなった。

 第3戦のポールポジションは、ただひとり1分4秒台を叩き出したエバンスが獲得した。

 迎えた決勝レース。南半球にあるチリは現在夏となり、気温33度、路面温度39度という高温下での45分+1周というレースがスタートとなった。

 レースが始まると各車綺麗な出だしをみせ、ポールポジションのエバンスを先頭に1コーナーへと侵入していく。2番手争いはギュンターとウェーレインが横並びとなり、ウェーレインが前に出る。

 その後は少々の接触はありながらも、各車先陣争いを繰り広げていく。そして1周目のターン10ではニール・ジャニ(タグ・ホイヤー・ポルシェ)とアレクサンダー・シムズ(BMW i アンドレッティ・モータースポーツ)が絡み、ジャニはそのままピットへ向かい、シムズもフロントにダメージを負ってしまう。

 シムズはそのままレースを続行するが、その後アンドレ・ロッテラー(タグ・ホイヤー・ポルシェ)との接触もあり、コース上にストップしてしまう。シムズのマシン撤去のため、レースはフルコースイエローが出された。

 フルコースイエローはすぐに解除されレースが再開すると、後方を走行するマシンたちはアタックモードを使用し、激しいバトルを繰り広げていく。

 しかし、またしてもターン10で接触が起こり、ニッサン・e.ダムスのオリバー・ローランドも巻き込まれてしまう。ローランドはフロントカウルが吹き飛んでしまい、その後ピットインし修復を余儀なくされてしまう。

 中段勢の混乱とは裏腹にトップ3のエバンス、ウェーレイン、ギュンターはアタックモードを使用しながらも、1秒前後のギャップを維持し順調にレースを進めていく。

■上位勢は順調にレースを進めていくが、後半はチャンピオンチームのDSテチーター陣営が襲いかかる

 レース残り27分というところでは、マッサとエドアルド・モルタラというベンチュリ同士の争いが勃発し、またしてもターン10で接触。マッサがウォール側へと追いやられてしまうが、ダメージはなくそのままレースを続行する。

 このベンチュリ同士の争いを尻目に順位を上げたのは、チャンピオンチーム、DSテチーターのジャンーエリック・ベルニュとアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ。ふたりはベンチュリ勢が接触している隙に、5、6番手へと順位を上げた。

 レースの折り返しとなる残り23分ごろ、ニック・デ・フリース、ストフェル・バンドーン(メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム)、ルーカス・ディ・グラッシ、ダニエル・アプト(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)、ダ・コスタの5人にファンブーストが付与された。

 そして、そのタイミングでは首位争いが激化。トップを行くエバンスに、2番手のギュンターが1コーナーでブレーキをロックさせながら襲いかかっていく。しかし、ここでは順位は変わらず。

 だが、アタックモードを使用するギュンターは、その周のターン9でアウトからエバンスをオーバーテイク、トップに躍り出た。

 残り20分となり、首位はギュンター、2番手にエバンス、3番手にウェーレイン、4番手モルタラ、5番手ベルニュというオーダーでレースが進んでいく。

 ここでデ・フリースとマッサによる7番手争いが勃発。1コーナーでマッサがブレーキロックしながらオーバーテイクを試みるが、これはコースアウトしてしまい順位は変わらない。

 レース残り15分、3番手を走行するウェーレインがアタックモードを使用し、前を行く2台の追い上げを開始する。しかし、思ったようにペースは上がらず、逆に4番手のベルニュに差を詰められてしまい、25週目のターン9でオーバーテイクを許してしまう。

 3番手に浮上したベルニュだったが、その後、左フロントカウルが破損し、タイヤと干渉してしまうアクシデントが発生。白煙を上げながら順位を守るが、徐々にペースが落ちてしまう。走行中にカウルは外れたが、タイヤへのダメージが大きく、ピットへ入り戦線離脱となってしまった。

 残り10分というところで、ジェローム・ダンブロシオ(マヒンドラ・レーシング)、デ・フリース、ブエミに“技術規定違反”として、レース結果に5秒加算のタイムペナルティが科された。

 レース残り6分、2番手を走行するエバンスのペースが上がらず、ベルニュの離脱によって3番手に浮上した同じくDSテチーターのダ・コスタが、ターン9でアウトからエバンスを交わし2番手に上がる。ポールポジションスタートのエバンスはこれで3番手にまで後退してしまう。

 ダ・コスタは、トップを走行するギュンターよりも1秒以上速いラップタイムを記録しながら追い上げる。残り3分というところで、遂にテール・トウ・ノーズに。

 そして37周目、ダ・コスタがターン10のヘアピンで強引にギュンターのイン側にねじ込み、接触しながらもオーバーテイク。トップへと浮上する。しかしギュンターも諦めずにダ・コスタについていく。

 39周目の1コーナーでギュンターが前を伺うが、ブレーキをロックさせてしまい順位は変わらず。BMW陣営はギュンターへ「諦めるなよ!(ダ・コスタを)やっつけようぜ!」と無線を送る。

 そして迎えたファイナルラップにドラマが。2台に絞られた優勝争いは、テール・トウ・ノーズのまま最終ラップへと突入していく。2番手ギュンターは緩い左コーナーのターン8でダ・コスタのアウト側へと並びかけ、次のターン9へのブレーキングでブレーキをロックさせながらダ・コスタをアウトからオーバーテイクしトップ奪還。

 そのままギュンターがトップフィニッシュ、2位にダ・コスタとなった。デ・フリースが3位でチェッカーを受けたが、5秒ペナルティがあるため、直後に走行していたエバンスが3位となった。

 ギュンターは嬉しいフォーミュラE初優勝となり、BMW陣営は第2戦ディルイーヤのシムズから続いて2連勝となった。またレース後、「アンドレ・ロッテラーは最大許容エネルギー量を超えたため失格となった」とタグ・ホイヤー・ポルシェチームの公式Twitterがアナウンスしている。

 次戦は2月15日にメキシコの首都、メキシコシティで第4戦が行われる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します