サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ YZF-R1 2020年モデル、サーキットを制する走行性能を追求…236万5000円より

ここから本文です
ヤマハ発動機は、同社スーパースポーツのフラッグシップ『YZF-R1M』『YZF-R1』の2020年モデルを8月20日より発売する。

クロスプレーン型クランクシャフト採用の水冷DOHC直列4気筒997ccエンジンは、最高出力200ps、最大トルク113Nmを発生する。スロットルバルブと燃焼室を近づけるために新作したシリンダーヘッドとバルブ傘裏狙いの斜流噴射のインジェクターを搭載。低中回転域の燃焼速度を最適化し、スロットルの開け始めからのリニアリティ感を向上するとともに、トルク感のあるエンジン特性に仕上げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ