サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VW ポロ に改良新型、前後マスクを変更…欧州発表

ここから本文です

VW ポロ に改良新型、前後マスクを変更…欧州発表

フォルクスワーゲンは4月22日、改良新型『ポロ』(Volkswagen Polo)を欧州で発表した。

ポロは1975年、初代が発表された。以来、小型車セグメントの人気車種となっており、ドイツだけでなく世界中の多くの市場で、クラスで最も成功したモデルのひとつだ。世界累計販売台数は、およそ1800万台に到達している。

フォルクスワーゲンは、ポロの45年以上の歴史において、1970年代にはノッチバックバージョンとして伝説的な『ポロクーペG40』を生み出した。その後、フォルクスワーゲンは、SUVテイストの『クロスポロ』、天然ガス車の『ポロTGI』、スポーティな『ポロGTI』など、さまざまなポロを投入してきた。

◆新デザインのLEDヘッド&テールライト

新デザインのLEDヘッドライトとLEDテールライトを標準装備した。とくに、テールランプは、リアゲートにまで大きく回り込んだ新デザインとし、新型『ゴルフ』と共通イメージとした。前後バンパーも新デザイン。フォルクスワーゲンによると、フロントとリアの両方で、新しいイメージを追求しているという。フォルクスワーゲンの新ブランドロゴマークも装着された。

仕様パッケージも一部見直。欧州仕様では、ベーシックバージョンから始まり、上位モデルとして、「ライフ」、「スタイル」などをラインナップしている。

エントリーモデルとなるベーシックバージョンのポロでも、幅広い標準機能を備えている。これには、LEDヘッドライト、LEDテールライト、マルチファンクションステアリングホイール、先進運転支援システム(ADAS)の「レーンアシスト」が含まれる。改良新型の新しい安全装備が、センターエアバッグだ。運転席の背もたれに内蔵されたこのエアバッグが、万一の事故の時に中央に向かって開き、運転手と助手席の乗員がぶつかり負傷することのないように保護してくれる。

◆8.0インチのデジタルコックピットを採用

さらに、全グレードに、デジタルコックピット(8.0インチディスプレイを備えたデジタルインフォテインメントシステム)を標準装備として組み込んだ。そして、装備をさらに充実させている。Bluetoothスマートフォンインターフェース、ヒーター機能付きドアミラー、6.5インチモニター付きのコンポジションメディアオーディオシステムが、全車に標準装備された。エアコンは、タッチスクリーンで操作する新開発システムにアップグレードアップされている。

「ライフ」と呼ばれるパッケージには、14インチからインチアップした15インチアルミホイール、「App-Connect」、USB-Cポートを備えたセンターアームレスト、ステアリングホイールとシフトレバーのレザートリムなどが追加で標準採用される。

◆10.25インチの「デジタルコックピットプロ」

新しいプレミアムパッケージとして、「スタイル」も設定された。スタイルは、新型ゴルフにも導入されている。

スタイルのエクステリアには、クロームルックのクロスバー、LEDフォグランプ、15インチの「ロンダ」アルミホイール、専用のフロントマスクが採用された。駐車を支援するパークディスタンスコントロールシステムも装備している。

インテリアには、10.25インチの「デジタルコックピットプロ」(マップビューやスライドショー機能を含む)、背景照明、「App-ConnectWireless」を含む8インチのインフォテインメントシステム「Ready2Discover」などが装備される 。Ready2Discoverを使用すると、顧客は、オンデマンドの機能として、ナビゲーションシステムをオプションで後付けすることができる、としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します