サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 〈日産・キックス〉e-POWER一本勝負! タイでキックスが先行発売開始!

ここから本文です

〈日産・キックス〉e-POWER一本勝負! タイでキックスが先行発売開始!

発売の噂が現実になる日も近い!?
ニッサン新型SUVキックスが到来!

NISSAN/KICKS
ニッサン/キックス

〈トヨタ・アクア〉抜群の明るさと洗練度を増したバージョン2! 新機能オープニングライトも採用!

KICKS_フロント&リアイメージ


数年前からニッサンは海外市場で新型車を投入するも日本に導入されるクルマはわずかであった。

近年で言うと2018年は新型車ゼロ、2019年にやっとデイズが発売されてはいるが、合弁会社による新型車であるので、純粋にニッサンから発売されたとなるとゼロに等しい。

ニッサンのSUVラインアップは海外モデルも含めると9車種あるが、日本に導入されているクルマはエクストレイルのみ(ジュークは旧型になるのでノーカウント)。

これが日本市場を軽視していると言われ続けている所以でもある。

欧州では昨年、新型ジュークが発売された。

日本導入間近かと言われたが、結局未導入。

しかし、風向きは変わりつつある。

KICKS_走行イメージ先日タイで発表されたキックス・e-POWERが間もなく日本でも発売されるのではないかと噂されている。

キックスはジュークとエクストレイルの間に位置するモデルで、ボディサイズはエクストレイルよりやや小柄。

日本車でライバルとなるのは、ちょうどボディサイズが同じくらいのホンダ・ヴェゼルあたりだろう。

パワートレーンは、ノートで爆発的なヒットを飛ばしている1.2Lエンジンのe-POWERを搭載することが濃厚だ。

タイ仕様キックスは最高出力129㎰/最大トルク260Nmで、日本仕様ノートの最高出力109㎰/最大トルク254Nmよりパワーアップしている。

ノートより車重が重いことは確実だから、日本に導入されるキックスにも同じパワートレーンを搭載してほしいところだ。

ニッサンSUV初のe-POWER搭載車となるキックス。

今年はニッサンの動向に注目していきたい。

パワートレーン

e-POWER 搭載車のノートとセレナにもガソリン車があるので、キックスにもガソリン車が用意されるはずだが、タイ仕様と同様にe-POWER搭載車のみになる可能性も拭えない。5月に発売されたタイ仕様は、最高出力129ps/最大トルク260Nmとなっている。

KICKS_1.2L e-POWERインパネ

カラフルな2トーンでコーディネイトされるインテリア。タイ仕様ではNISSANコネクトがApple CarPlayやAndroid Autoに対応している模様なので、日本でも同仕様であることを期待したい。インテリジェントアラウンドビューモニターやリアビューモニターも装備されるはずだ。

KICKS_インパネ居住スペース

写真のように4名乗車時でもラゲッジに荷物をガッツリと積載できる居住性を備えているのはイイ。操作系のスイッチがセンターコンソールまわりに集約されているので、直感的に扱えそうだ。そして、7インチデジタルTFTディスプレイ内蔵メーターもぜひ導入してほしい!

KICKS_居住スペース日産自動車お客さま相談室 0120-315-232
http://www.nissan.co.jp

スタイルワゴン2020年7月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します