サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > デカイはイカス! まずはインチアップと車高から!|30アルヴェル カスタムガイド タイヤ&ホイール編

ここから本文です

デカイはイカス! まずはインチアップと車高から!|30アルヴェル カスタムガイド タイヤ&ホイール編

どの程度下げ、大きくするか外径と照らし合わせて選択を

30アルファード 30ヴェルファイア(該当車種)

30代、40代がコアな年齢層。落ち着きや上質さを意識したモディファイメニュー|30アルヴェル カスタム

カスタムするならエアロやライティングから!! とはやる気持ちも判らないわけではないものの、その前におさえておくべきポイントがホイールを大きく見せるインチアップだ。

インチアップとはホイールとタイヤの占める割合に注目し、純正よりもホイールの占有面積を増やすメニューのこと。
アル&ヴェルはクルマのポテンシャルが高く、ほかのミニバンでは履けない22インチも履けるため、イバリ度も満点だ。
1インチアップでも2インチアップでもOK。
ぜひ挑戦したい。ただし単純に大きくすればいいわけでもない。
交換後も、タイヤ外径を純正とほぼ同レベルに維持することが必須。
闇雲に行うと、スピードメーターやナビの自車位置にズレが生じるなどの弊害が起こる。
さらに切っても切れない関係性にあるのが、サスペンションだ。
車高を落とす量で、具体的に履けるホイールのサイズが変わってくるため、インチアップとローダウンはつねにセットで考えたい。
が、この時点ですでにハードルが高いと感じる人もいるはず。
純正車高でのインチアップや、純正タイヤを活かしたままでホイールを変えるインチキープという手もあるので、手始めにそこから挑戦するのもアリかも。

1つの目安は2インチアップだ!

純正は16~18


20inch

21inch

22inch

大きさだけでもこんなに違う。
例えば「21インチ希望!」と大きさを伝えれば、ショップがベストなサイズを提案してくれるため、オーナーは具体的に「何Jのインセットいくつ」など、そこまで考える必要は一切ナシ! プロに任せよう。
細かいサイズよりも、まずはいろいろ見比べ想像を膨らまそう。

真横からの外径を統一

ホイール面積を広げつつ、タイヤ(サイドウォール)の面積を減らし、結果的に外径を純正とほぼ一致させることが大前提。
インチアップするごとにタイヤの空気量が減るため、乗り心地は悪くなる傾向に。
タイヤによってはロードノイズが増える場合も。
タイヤは消耗品だ。ランニングコストも考えよう。
ちなみにインチアップは重量が上がるため、燃費が悪化する。
カッコ良さとトレードオフだ。

NORMAL

INCHI-UP

インチアップはタイヤ外径を変えず、タイヤの厚みを減らす作業で、全体の大きさは変えずにホイールだけを大きくする。

タイヤの流用は!?

インチアップはホイール代だけでなく、手持ちの純正タイヤが使えなくなるため、タイヤも買い換えが絶対的に必要。
手持ちタイヤを流用したい場合は、サイズを維持する“インチキープ”という手もあるが、見た目の物足りなさは否めない。
タイヤは銘柄で価格差が大きい。

そのほかに必要な物は!?

タイヤ、ホイールのほかに、ホイールを固定するナットも別途必要。
ホイールは基本的に汎用品。
より確実に固定させるための、ハブリングと呼ぶ取り付け部に噛ませるパーツも必要(アル&ヴェル専用設計を除く)。
それらの購入には数千円~数万円必要。

ココにも着目!

ホイール選びでデザインの次に重要となるのはナットの穴数と、(ナットの中心を取り囲んでできる円の直径である)P.C.D.。アル&ヴェルは5穴のP.C.D.114.3のホイールを選ぼう。

5-114.3
穴数 P.C.D.

POINTS

(1)タイヤは薄く、ホイールは大きく!
(2)純正外径あわせが絶対条件!
(3)タイヤの買い替えが必須

Vol.141 トヨタ アルファード & ヴェルファイア No.13より (2019.12.26)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します