サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 名前は「ヴェゼル」だが別モノ感たっぷり! 正常進化「じゃない」クルマ作りを行ったワケ

ここから本文です

名前は「ヴェゼル」だが別モノ感たっぷり! 正常進化「じゃない」クルマ作りを行ったワケ

 初代からヴェゼルに関わりブラッシュアップさせた

 グローバルに累計384万台を販売したというホンダ・ヴェゼル。世界的なクロスオーバーSUVムーブメントの追い風を受けたという見方もあるだろうが、時系列でいえばヴェゼルがコンパクトSUVというトレンドを作ったというほうが正解だろう。ホンダは、このカテゴリーのパイオニアといえるのだ。

前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

 2021年2月18日、そのヴェゼルがついに二代目に進化するということで内外装がアンベールされた。今回はスタイリングのみ公開ということで、パワートレインやボディサイズなどのスペックは未公表となっているが、ボディサイズはさほど変わっていないように見える。おそらくセンタータンクレイアウトのプラットフォームも基本設計は大きく変わってはいないと予想できるシルエットだ。

 そんな新型ヴェゼルの開発責任者を務めるのは岡部宏二郎さん。初代ヴェゼルの車体研究領域の責任者(プロジェクトリーダー)を経て、2015年のマイナーチェンジでは商品開発責任者(ラージプロジェクトリーダー、LPL)を務め、その後に新型ヴェゼルのLPLに就任するという経歴の人物だ。すなわち、ヴェゼルについては初代の誕生からマイナーチェンジによるブラッシュアップの内容まで熟知した人物である。

 今回、新型ヴェゼルがスタイリングを公開するにあたり、その岡部さんに話を伺うことができた。

 初代ヴェゼルの開発から関わっていると聞けば、正常進化を目指したのかと思ってしまいがちだが、そうではない。

 岡部さんは「不変のホンダブランドと新しさ、時代のニーズを合わせることにより世界で喜ばれるクルマを作ろうとしたのです」という。

 ホンダのブランド価値の中心となったのは初代シビックだが、スーパーカブやNSX、ASIMOにホンダジェットといったさまざまな要素がホンダらしさを構成しているのだという。そうしたヘリテージにクロスオーバーSUVというトレンドを掛け合わせゼロベースで考え直した。そうして導かれたキーワードが「信頼、美しさ、気軽な愉しさ」というもので、グランドコンセプトである『AMP UP YOUR LIFE』が生み出されたのだという。

 瞬間認知・直感操作を意識したコクピットを作り込んでいる

 塊感のあるモノフォルムだった初代から大きくスタイリングイメージを変えているように、今回のフルモデルチェンジでは単純にヴェゼルを進化させるのではなく、まったく新しいクルマを生み出すことが狙いだ。

 そのスタイリングに初代シビックが持っていたシンプルな表現が織り込まれているのは、まさしくヘリテージの持つ信頼性を表現している部分だ。

 さらに、ボディに対するタイヤの比率を大きく見せ(撮影車のタイヤサイズは225/50-18)、全高を下げ、テールゲートはファストバックスタイルにすることで美しさを表現した。

 そして、気軽な楽しさを示すのが全席で爽快に感じるパッケージングであり、とくに後席の快適性を向上させたことがポイントだと、岡部さんはいう。

 岡部さんは初代ヴェゼルにおいて車体設計領域や完成車性能領域のプロジェクトリーダーを務めてきたということもあり、初代ヴェゼルではやりきれなかった部分を熟知している。だからこそ、「後席の乗り心地を改善する必要があることは十分にわかっていました」と考えた。初代ヴェゼルはラゲッジスペース優先で後席は格納性を重視した設計になっていたという。そこで、新型ではリヤシートを新たに設計することで「座面を下げ、背もたれの角度もつけ、セダンライクなポジションとしました。新設定した大きなパノラマルーフの開放感は後席でも十分に味わっていただけます」と岡部さんは自信たっぷりだ。

 新しいホンダのクルマ像を模索した新型ヴェゼルでは、このように初代からの改善という視点での進化も遂げている。コクピットでいえば、エアコンの操作パネルを初代のタッチパネル式から物理スイッチタイプに変えたことも、その一例といえるだろう。

「ドライバーが瞬間認知・直感操作できるようなコクピットにすることをテーマとしています。運転の基本となる視界についても考慮しました」という。ドア内張りの上面を延長するとボンネットのキャラクターラインにつながるようにした上で、インパネに一文字のソフトパッドを与えることで、進行方向とロール方向という2つの軸の動きを認知しやすくするといった工夫も、そうした認知や操作をアシストするデザイン表現のひとつだ。

 さらにコクピットではドア内張りからインパネを貫くメタル調の加飾が引き締めているのが印象的だ。樹脂にメッキを施した加飾だが、その形状にこだわることで、まるでアルミパイプを曲げたかのような風合いがある。ドアパネル部分の加飾だけでも50回以上も試作したという。同じくディテールでの遊び心の表現としてチェッカーフラッグをイメージさせるシート地が、最上級PLaYグレードに採用されている。

 新色のサンドカーキ・パールとブラックの2トーンカラーは「e:HEV PLaY」の専用色として設定されているもので、ホンダの伝統を感じさせる赤・青・白のトリコロールカラーをグリルに入れているという遊び心も、ヘリテージを感じさせ、SUVらしいアクセントになっているのも見逃せない。

 コンパクトSUVの代名詞ともいえる「ヴェゼル」という名前は受け継ぎながら、新しい時代ニーズを満たすホンダらしいクルマとしてフルモデルチェンジを果たす新型ヴェゼル。基本コンセプトからディテールアップまで、隙のない作り込みがクオリティ感につながっていることは、その姿を見るだけで感じられるのではないだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します