サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あれもこれも「カローラ」こんなにあった派生車たち・前編【懐かしのカーカタログ】

ここから本文です

何しろ150以上の国と地域で展開している『カローラ』だけに、仕向け地ごとの専用モデルは数多い。今回は『カローラクロス』登場記念(!?)に、これまで日本市場でに投入された、主な“カローラ派生車”を2回に分けて振り返ってみたい。

◆カローラ・スプリンター(1968年)

1966年に登場した『カローラ』。クーペボディを初のバリエーションと見做せば、この“カローラ・スプリンター”が派生車第1号だ。ファストバックのスタイリッシュな2ドアクーペで、ツインキャブ仕様のSLは73ps、最高速度160km/h。“スプリンター”が独立したのは次世代(2代目)から。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン