サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ 豊田社長「レースに勝つために造りあげたクルマ」…東京オートサロン2020で GRヤリス 初公開

ここから本文です

トヨタ 豊田社長「レースに勝つために造りあげたクルマ」…東京オートサロン2020で GRヤリス 初公開

トヨタ自動車は1月10日に開幕した東京オートサロン2020に、モータースポーツ活動を行う「TOYOTA GAZOO Racing(=TGR)」による「GR」を冠したスポーツカーシリーズとして『GRヤリス』を世界初公開した。

同車は『GRスープラ』に続くもので、同シリーズのグローバルモデル第2弾となる。トヨタの開発手法であるTNGA(トヨタ・グローバル・ニュー・アーキテクチャー)の思想に基づいたスポーツ4WDプラットフォームを採用し、バリエーションのひとつとして1.6リットル直列3気筒直噴ターボエンジンを搭載している。新開発したこのエンジンは小型軽量ハイパワータイプであり、最高出力は3気筒エンジンとしては世界最高レベルとなる272馬力(200kW)を発生する。

発売は今夏を予定しているが、1月10日から6月30日まで特別仕様車2タイプの先行予約をネット限定で受け付ける。特別仕様車の車両本体価格は「 RZ“First Edition”」が396万円、「RZ“High-performance・First Edition”」が456万円(いずれも消費税込み)。

10日の東京オートサロンのプレスカンファレンスには、「モリゾウ」ことトヨタの豊田章男社長がビデオメッセージに加えて壇上にも登場した。東京オートサロンへの出席は4年ぶりとなった豊田社長は「GAZOO Racing カンパニー」のプレジデントである友山茂樹トヨタ副社長とともに、フォトセッションを行った後、記者団の囲み取材にも応じた。

これらのなかで、豊田社長は『86』や『スープラ』が他社との協業プロジェクトによることもあって「トヨタが自らの手で造ったスポーツカーが欲しいというのが、私の想いであった」と明かした。それを実現したGRヤリスは「レースに勝つため、そこに出すクルマとして普段、お客様に乗っていただくクルマはどうあるべきかを考え」、開発したという。

豊田社長によると、これまでのレース車は「トヨタが造った一般のお客様向けのクルマを改造してレースに使えるようにしてきた」。しかし、GRヤリスは「まったく逆転の発想で、レースで勝つために造りあげた」と強調する。開発の指揮を執る友山プレジデントも「かつてのセリカGT-FOUR以来、20年ぶりの本格的4WDスポーツ車になる」と、アピールした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します