サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 高音質なカーナビを試聴できる!パイオニア「カロッツェリアNEWサイバーナビ体験会」を大阪で開催

ここから本文です

高音質なカーナビを試聴できる!パイオニア「カロッツェリアNEWサイバーナビ体験会」を大阪で開催

じっくり良質なサウンドを体験できる

 カーナビおよびカーオーディオをリリースするパイオニア カロッツェリアが、大阪市のGライオンミュージアムで1月18~19日(10~17時・最終受付16時30分)に「カロッツェリアNEWサイバーナビ体験会」を開催。サイバーナビの高品位なサウンドを体験できるデモカーを4台持ち込み、来場者がじっくりと試聴できるようになっている。

パイオニア、大迫力サウンドの巨大サブウーファーやスマホ充電器を披露

 1990年にパイオニアが世界初のGPSカーナビを発売。その後、1997年に「カロッツェリア サイバーナビ」のネーミングで登場し、カーナビとしての機能はもちろんだが、高音質な音楽再生を可能とする優れたオーディオ性能をもつモデルとして多くの人から人気を博す歴史あるブランドだ。

 現行モデルは、NTTドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」を採用し、サイバーナビでYouTubeなどの動画を閲覧することや車内をWi-Fiスポットにすることが可能となった。さらにネットで自宅のハードディスクレコーダーに接続すれば、録画してあった番組をサイバーナビで見ることもできるのだ。このほか同社のハイエンドカーオーディオ「カロッツェリアX」の技術を投入したハイエンドオーディオカーナビ「サイバーナビXシリーズ」もラインアップする。

 このように高性能なカロッツェリア サイバーナビの特徴は、実際に触って、サウンドを聞いてみないとなかなか理解できないはず。これまでもパイオニアでは、日本各地でカロッツェリア サイバーナビの体験会を開催している。前回は、愛知県名古屋市のショッピングモールで行われ、約1500人の人が試聴などをしたそうだ。そのときのアンケートによると、約10%がサイバーナビのユーザーおよび登録した人で、北陸や静岡などから訪れた人もいたそうだ。これも、サイバーナビの熱烈ファンが多いと言うことだろう。

 今回の体験会の会場であるGライオンミュージアムは、旧車の博物館やレストランと、前回のショッピングモールのように多くの人が行き交いするところではない。それゆえ、コアなカーナビファンやユーザーにとってはユックリと時間をかけてカロッツェリア サイバーナビを体験できるというわけだ。

 視聴用のデモカーは4台を用意。トヨタ・ヴェルファイアとハリアー、ホンダN-BOXがサイバーナビをソースユニットに、カスタムフィットセパレートスピーカーTS-C1736Sを装着。ヴェルファイアにはリヤシートにフリップダウンモニターとプライベートモニター、ハリアーにはサブウーファーを搭載、N-BOXはプライベートモニターを搭載、といったように各車のキャラクターに合わせ、多少ではあるが装備が異なっている。

 そしてスバルWRXにはハイエンドオーディオカーナビのサイバーナビXシリーズを核に、スピーカーは同社のハイエンド・セパレート3ウェイであるTS-Z1000RSシリーズを採用。これを3台のRS-A09Xアンプで駆動。3ウェイスピーカーの高音・中音・低音それぞれに1つずつアンプが配される、超豪華かつハイエンドなマルチシステムを構築しているわけだ。

 このような高質なサウンドは、じっくりと試聴したほうが、その特徴をより理解しやすい。イベントは1月18~19日(10~17時)で行われているので、ぜひ体感してみてほしい。

 また、Gライオンミュージアム所蔵のアメリカ車「ビュイック・エレクトラ」も会場内に展示され、記念撮影&プリントサービスも実施。来場者プレゼントも用意されているので、家族連れでも楽しめる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します