サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】悔しい……坪井翔&36号車トムス一歩及ばす2位「でも幸先良いスタートが切れた」|開幕戦岡山

ここから本文です

 岡山国際サーキットで行なわれた2021年のスーパーGT開幕戦。GT500クラスを制したのは、#14 ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也と山下健太だった。

 ただ、楽に勝利を手にしたわけではない。特に山下がドライブした第2スティントは、終始#36 au TOM'S GR Supraの坪井翔からプレッシャーをかけられ続ける厳しい状況。しかし山下はこれに耐え、トップチェッカーを受けた。

■スーパーGT第1戦岡山決勝:スープラの山下と坪井の手に汗握る一騎打ち。ルーキーレーシングが初優勝を飾る

 一歩及ばなかった坪井はレース後、「悔しかった」とその心境を吐露した。

「悔しいですね。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン