現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > EV版「M5」も開発中!「i5 M60 xDrive」のロケット級の速さにも驚き!

ここから本文です

EV版「M5」も開発中!「i5 M60 xDrive」のロケット級の速さにも驚き!

掲載
EV版「M5」も開発中!「i5 M60 xDrive」のロケット級の速さにも驚き!

5シリーズの電気自動車「i5」の試乗記。前回までは後輪駆動の「i5 eDrive 40」をお届けした。今回はいよいよ全輪駆動で601psの出力を誇る「i5 M60 xDrive」に乗る。

ジェット機とロケットほどの違い

“EVセダン”の決定版か!? 新型BMW「5シリーズ」セダンの電気自動車「i5」に試乗した

「i5」には、「i5 eDrive 40」と並行して、全輪駆動で、かつパワフルなモーターを搭載した「i5 M60 xDrive」が発売された。

i5 eDrive 40が最高出力250kW、最大トルク430Nmをもつのに対して、「i5 M60 xDrive」はモーターを1基ずつ前後に搭載。フロントは192 kW、リアは250kW。システムトータルの出力は442kW、最大トルクは820Nmにもなる。

静止から時速100キロまでを3.8秒で加速する駿足ぶりを示すとともに、”電費”は100km走るのに20.6kWhから18.2kWh。満充電だと、455kmから516kmのあいだという走行距離を誇る。

フロントグリルは縦バーをもたず、BMW伝統のキドニーグリルの輪郭だけが残された個性的なデザイン。周辺がグロスブラックというアグレッシブな仕様が試乗車だった。

そのアグレッシブな印象をまったく裏切らない、驚くようなトルク感の加速と、クイックなステアリングフィールが、このクルマの身上なのだろう。

高速道路では、i5 eDrive 40も速かったが、あちらがジェット機なら、こちらはロケットだ。軽くアクセルペダルを踏み込んだだけで、周囲のクルマがあっというまに後景にしりぞくほど。

ステアリングの安定感はすばらしく、路面が多少荒れていようと、直進性がしっかり保たれるので、いっさい不安感がない。よく出来たスポーツセダンと感心させられた。

しかも、BMWとスポーツモデル開発を担当するM社は、この先「M5」に相当するモデルを準備中というのだから、どんなクルマになるのだろう。トルクたっぷりの加速感が大好きなドライバーにはたまらないだろう。

i5 M60 xDriveには、アダプティブサスペンションがおごられている。かつ、Mモデルなのでステアリングホイールコラムに「スポーツブースト」という瞬間的な加速をもたらすレバーまでついている。これは路上では使えません(笑)。

未来を実現するテクノロジー

アクセルペダルを強めに踏み込むと、独特のサウンドが専用のスピーカーシステムから聞こえる。中音主体で、すこしの低音成分が混ぜてあるかんじだ。エンジン音ではないが、なんだかやる気を鼓舞される。

聞けば、BMW社内(デザイン部門)に、音作りのエクスパートがいるのだそうだ。自身マルチプレイヤーで、「手前でピアノを弾きながら、背中のほうに設置したキーボードを操ることだって朝飯前なんですよ」(BMWのデザイナー)とのこと。

デジタライゼーションとは、これまでに体験できなかったことを実現する手段であると同時に、それをいかに人間の感覚に近づけるかが腕の見せどころ、と私も改めて認識。

より太いグリップの小径のステアリングホイールを握りながら、楽しくて笑いがこみあげてくる。そんな希有なセダンである。

サポートが大きめのシートは、座り心地がよく、さらに試乗車では2トーンの色使いがしゃれていた。グレーとレンガ色という組合せはなかなか趣味がよく、お金をかけるべきところにはしっかりかける。それが高級車だとBMWはよく知っている。

i5 eDrive 40には「エクセレンス」と、今回乗った「Mスポーツ」という2つの仕様があり、日本での価格はともに998万円。i5 xDrive M60はモノグレードで、1,548万円。

価格を含めて、BMWの自信のほどが感じられるのが、新世代の5シリーズともいえるi5なのだ。

<了>

BMW i5 M60 xDrive

全長:5,060mm 全幅:1,900mm 全高:1,515mm ホイールベース:2,995mm 乗車定員:5名 一充電走行距離:455-516km(欧州仕様車暫定値) フロントモーター最高出力:192kW(261ps) フロントモーター最大トルク:365Nm(37.2kgm) リヤモーター最高出力:250kW(340ps) リヤモーター最大トルク:430Nm(43.8kgm) システムトータル最高出力:442kW(601ps) システムトータル最大トルク:820Nm(83.6kgm) バッテリー総電力量:81.2kWh(欧州仕様車暫定値) モーター数:前1基、後1基 駆動方式:AWD(全輪駆動) フロントサスペンション:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング リアサスペンション:マルチリンク式エアスプリング フロントブレーキ:ベンチレーテッドディスク リアブレーキ:ベンチレーテッドディスク タイヤサイズ:前245/40R20、後275/35R20 荷室容量:490L 車両本体価格:1,548万円

BMW i5 eDrive 40

全長:5,060mm 全幅:1,900mm 全高:1,515mm ホイールベース:2,995mm 乗車定員:5名 一充電走行距離:477-582km(欧州仕様車暫定値) 最高出力:250kW(340ps) 最大トルク:400Nm(40.8kgm) バッテリー総電力量:81.2kWh(欧州仕様車暫定値) モーター数:後1基 駆動方式:RWD(後輪駆動) フロントサスペンション:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング リアサスペンション:マルチリンク式エアスプリング フロントブレーキ:ベンチレーテッドディスク リアブレーキ:ベンチレーテッドディスク タイヤサイズ:前後245/45R19 荷室容量:490L 車両本体価格:998万円

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

“帝王”・本山哲監督からの、SFルーキーへの金言。木村偉織「『実力以上の結果は出ない』という言葉で、気持ちを整えてレースに臨める」
“帝王”・本山哲監督からの、SFルーキーへの金言。木村偉織「『実力以上の結果は出ない』という言葉で、気持ちを整えてレースに臨める」
motorsport.com 日本版
アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
レスポンス
110万円で5人乗り! 全長3.2mのスズキ「超小型ミニバン」がスゴい! “軽より小さい”旧車ボディ×めちゃシンプル装備!? 割り切りすぎたスズキ「パキスタン製バン」とは
110万円で5人乗り! 全長3.2mのスズキ「超小型ミニバン」がスゴい! “軽より小さい”旧車ボディ×めちゃシンプル装備!? 割り切りすぎたスズキ「パキスタン製バン」とは
くるまのニュース
8/28申込締切 トランプ政権2.0時代のサプライチェーンと日本に求められる対応
8/28申込締切 トランプ政権2.0時代のサプライチェーンと日本に求められる対応
レスポンス
ニッサン新型「“車中泊”バン」初公開! 斬新「堂々マスク」もはや“次期エルグランド”!? 広大「寝床」搭載の新型「インタースター」ドイツで展示
ニッサン新型「“車中泊”バン」初公開! 斬新「堂々マスク」もはや“次期エルグランド”!? 広大「寝床」搭載の新型「インタースター」ドイツで展示
くるまのニュース
ライダーを守る最後の要! 首都高が導入する転落防止構造とは?
ライダーを守る最後の要! 首都高が導入する転落防止構造とは?
バイクのニュース
台湾「oToBrite」、大型商用車向けの世界初の一体型ADAS出展へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
台湾「oToBrite」、大型商用車向けの世界初の一体型ADAS出展へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
レスポンス
【試乗】SUVではないというフェラーリの「いい訳」も乗れば真実に変わる! プロサングエが見せた「あくまでフェラーリ」な世界
【試乗】SUVではないというフェラーリの「いい訳」も乗れば真実に変わる! プロサングエが見せた「あくまでフェラーリ」な世界
WEB CARTOP
アルプスアルパイン、中国現地法人にサイバー攻撃 現時点で生産出荷に影響なし
アルプスアルパイン、中国現地法人にサイバー攻撃 現時点で生産出荷に影響なし
日刊自動車新聞
【V8 SUVテスト】優れたパフォーマンスと極上のサウンド 新型アウディ「SQ8 TFSIクワトロ」を徹底テスト&総評価!
【V8 SUVテスト】優れたパフォーマンスと極上のサウンド 新型アウディ「SQ8 TFSIクワトロ」を徹底テスト&総評価!
AutoBild Japan
元ハースF1代表シュタイナー、新規参戦目指すアンドレッティにアドバイス「既存チームを買え」
元ハースF1代表シュタイナー、新規参戦目指すアンドレッティにアドバイス「既存チームを買え」
motorsport.com 日本版
“地獄渋滞”名神の救世主「名岐道路」に反響多数!?「一刻も早く開通して」悪名高い「一宮JCT」スルー! 名古屋高速を「東海北陸道」へ延伸
“地獄渋滞”名神の救世主「名岐道路」に反響多数!?「一刻も早く開通して」悪名高い「一宮JCT」スルー! 名古屋高速を「東海北陸道」へ延伸
くるまのニュース
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
レスポンス
イタリア発の「スポーツネイキッド」は赤いストライプとチェッカー模様がおしゃれ! ベストセラーの特別仕様は“強化されたエンジン”にも注目です
イタリア発の「スポーツネイキッド」は赤いストライプとチェッカー模様がおしゃれ! ベストセラーの特別仕様は“強化されたエンジン”にも注目です
VAGUE
腕1本で稼げるから……なんて甘い社会じゃない! タクシー運転士は思ったよりも「社会の縮図的」職業だった
腕1本で稼げるから……なんて甘い社会じゃない! タクシー運転士は思ったよりも「社会の縮図的」職業だった
WEB CARTOP
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
くるまのニュース
4ストなのにマフラーから白煙が消えない!? その原因とは?
4ストなのにマフラーから白煙が消えない!? その原因とは?
バイクのニュース
[カーオーディオ・素朴な疑問]メインユニット…『アルパイン・BIG DA』のオーディオ機器としての実力は?
[カーオーディオ・素朴な疑問]メインユニット…『アルパイン・BIG DA』のオーディオ機器としての実力は?
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1959.02510.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

209.01580.8万円

中古車を検索
M5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1959.02510.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

209.01580.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村