サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ホンダ、新型RC213V準備完了からは”まだ遠い”。方向性ポジティブがプラス材料か

ここから本文です

 2021年のMotoGPが終了してから数日、ヘレス・サーキットで早くも2022年シーズンに向けた最初のテストが行なわれ、各メーカーが新型マシンを走らせた。ホンダは新型マシンの準備はまだ整っていないものの、方向性は見つかったと語っている。

 ホンダは2020年シーズンに、1982年の最高峰クラス復帰以来初めての未勝利を経験。レプソル・ホンダのエースであるマルク・マルケスが怪我によって欠場していることの影響をうかがわせた。

■クアルタラロ、2023年以降のヤマハ残留は”来季マシンの出来”次第。要望のモアパワー達成なるか?

 2021年シーズンはレースへ復帰したマルケスの手で、ドイツGP、アメリカズGP、エミリア・ロマーニャGPで3勝を記録。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン