サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン・グループ、コロナ禍の影響で1200人の人員削減へ。F1チームの規模も縮小

ここから本文です

 マクラーレン・グループは、コロナ禍の影響で構造改革を強いられ、約4000人の従業員のうち約1200人を解雇する見通しであることを明らかにした。

 パンデミックにより経済的な打撃を受けているマクラーレンは、大規模なコスト削減策を取ってきたものの、従業員数を減らす以外、選択肢のない状況に陥っていると、チームは説明した。

2021年予算上限額、1億4500万ドルへの引き下げで決着か「中団チームにチャンスを与え持続可能なスポーツに」とF1ボス

 マクラーレンは5月26日に以下のような声明を発表した。

「Covid-19パンデミックの影響が続き、フォーミュラ1では新しいコストキャップが2021年シーズンに導入される。

おすすめのニュース

サイトトップへ