サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラッセル、新体制のウイリアムズは「かつては生き残りのため“二の次“だったパフォーマンスを追い求めている」

ここから本文です
 ジョージ・ラッセルは所属して3年目を迎えたウイリアムズについて、ウイリアムズ家が所有していた当時はマシンのパフォーマンスを向上させるよりもチームを存続させることに必死だったが、ドリルトン・キャピタルによる買収後は、パフォーマンスの向上が重視されるようになったと語った。

 2020年の8月、アメリカの投資ファンドであるドリルトン・キャピタルがウイリアムズを買収したことを発表した。そしてこれを機に、チームの創設者であるフランク・ウイリアムズと、その娘で副代表ながらも実質的な代表職を務めたクレア・ウイリアムズは、2020年の第8戦イタリアGPを最後にチームを後にした。

おすすめのニュース

サイトトップへ