サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファロメオ、プルシェールの来季F1昇格は「リスクが大きすぎた」F2継続参戦&F1テストドライブで経験積ませる方針

ここから本文です

 アルファロメオは先日、2022年シーズンのバルテリ・ボッタスのチームメイトとして、現在FIA F2を戦う周冠宇を起用すると発表した。これにより、アルファロメオを運営するザウバーの育成ドライバー、テオ・プルシェールの来季F1昇格の望みは絶たれた。

 アルファロメオのチーム代表を務めるフレデリック・バスールはカタールGPのレースウィークの中で、今季F2ルーキーイヤーながらランキング5番手につけるプルシェールが来季もF2に継続参戦することを認めた。

■F1シートを失ったジョビナッツィ「財政面が交渉材料となった場合、F1はあまりにも冷酷」

「この2、3週間、我々は数多くの議論を交わした」

 バスールはそう語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ