サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスとのタイトル争いに備えるレッドブル・ホンダF1「2020年には6勝以上を挙げる」とチーム首脳が宣言

ここから本文です

メルセデスとのタイトル争いに備えるレッドブル・ホンダF1「2020年には6勝以上を挙げる」とチーム首脳が宣言

メルセデスとのタイトル争いに備えるレッドブル・ホンダF1「2020年には6勝以上を挙げる」とチーム首脳が宣言

 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングは2020年、6勝以上を挙げ、F1タイトル争いに加わることができると考えている。

 パワーユニット(PU/エンジン)をホンダに変更した2019年、レッドブルとマックス・フェルスタッペンは3回の優勝を獲得した。マルコは2019年シーズンには最低5勝を挙げることができると予想しておりそれは実現しなかったわけだが、2020年には目標を6勝以上に引き上げ、それは可能であると考えている。

ホンダとの長期契約望むレッドブルF1「フェルスタッペン残留が交渉の切り札になる」

「6回以上は勝てるはずだと私は考えている」とマルコはMotorsport-Total.comに対してコメントした。

「世界タイトルをかけて戦いたい。それには競争力の高いシャシーを用意して開幕戦を迎える必要がある」

「ホンダは新シーズンに向けて進歩を果たしている。ここまで多くの成果を出してきたから、(シーズン最初から上位で戦うという)この目標は達成できるものと考えている。我々はもはや言い訳はできないのだ」

 メルセデスはF1が現在のパワーユニットレギュレーションを採用してから、6年連続でコンストラクターズおよびドライバーズ両タイトルを獲得してきた。マルコは、メルセデスは優れたパワーユニットを作り上げただけでなく、シャシーも強力であり、組織としての力もあるとして、メルセデスに勝つためには「完璧なパッケージ」で戦う必要があると述べている。

 史上最多22戦が開催される2020年シーズンは、3月15日のオーストラリアGPで開幕を迎える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します