サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ製フェイスシールド、供給開始 約3000個を広島県内の医療関係者に配布

ここから本文です

 マツダは5月26日、医療現場で活用可能なフェイスシールド製品の供給を開始しました。広島県や県内企業と連携し、約3000個を地域の医療機関に提供します。

 フェイスシールドは、感染症予防の目的で使用される防具。透明のフィルムで顔全体を覆い、病原菌の飛散による感染を防ぐために用います。

色を塗ってカスタムも マツダ、ペーパークラフトのテンプレ配布 100周年記念「ロードスター」「R360」が手軽に作れる

 供給するフェイスシールドは、同社が生産したフェイスシールドフレームに、プリント基板製造装置メーカーの石井表記(広島県福山市)が製造するシールドフィルムを組み合わせたもの。

おすすめのニュース

サイトトップへ