サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 本場アメリカのイベントを現地取材してわかった空冷VWの魔力

ここから本文です

本場アメリカのイベントを現地取材してわかった空冷VWの魔力

 コロナ禍のなか、日本ではようやくクルマイベントも徐々にではあるが再開されつつある。そんななか、元VWグループジャパン在籍していた、自称日本一の空冷VWマニアのジャーナリスト、池畑浩氏が、2年ぶりのバーチャル開催となったSEMAショーと、空冷VW文化の本場、LAで開催された空冷ビートルのドラッグレースを取材するために渡米!

 はたして、どんな空冷VWを見ることができたのか、空冷VWパラダイスへようこそ!

本国ではひと足早くマイナーチェンジ!フォルクスワーゲンの売れ筋コンパクトSUV、T-Rocはどこが進化する!?

文、写真/池畑浩

[gallink]

■空冷VWを見に、いざ本場アメリカへ!

 長引くコロナ禍から世界中の国々が、徐々にではありますが、日常を取り戻しつつあります。日本でもクルマ関連のイベントが再開されはじめたことは、クルマ好きにとって朗報ですね。そんななか、毎年、ラスベガスで開催される世界の3大カスタムカーショーのひとつと言われる(日本:東京オートサロン、ドイツ:エッセンショー)「SEMAショー」に行く機会を得ました。

羽田空港はまだ旅客便の欠航が続き、出発ロビーも寂しく閑散としていた

 そこで早速、ロサンゼルスを拠点に全米展開する空冷VWの老舗専門誌「HOT VWs」渡辺編集長に連絡すると、ちょうど「SEMAショー」が行われる直前の日曜日に、ロサンゼルス郊外で、空冷VWのドラッグレース「HOT VWs Drag Rase」の最終戦があるとの情報を得ました。それを聞いた途端、長年の夢だった「本場、西海岸の空冷VWシーンを見てみたい」という思いが沸き上がり、スケジュールを前倒しにして、アメリカに向かったのです。

 今回は、その羨ましいほどのリアル・アメリカン空冷VWライフについて、写真とともにお届けしたいと思います。

エンジェルスで大活躍中の大谷さんのおかげもあってか、LAでも日本車や日本文化への興味・関心がとても高い

アメリカといえばハンバーガー。写真はLAで人気のIN-N-OUT(イン・アンド・アウト)バーガーだ。自慢のフレッシュミート&ポテトがとても美味しく、LAで是非賞味してほしい逸品だと筆者

■アメリカが育んだ空冷VWカルチャー

 1960年代に入り、「大きいことはいいことだ」と言わんばかりにアメリカ車が肥大化していくなか、VW O A(Volkswagen of America)は、「倹約」と「シンプル・ライフ」というアンチテーゼで多くのアメリカ人の知性と感性を刺激して、その価値観を根付かせることに成功しました。

ロサンゼルス郊外で見つけた1970年代のタイプIは、さりげなくホイールを黒くモディファイしていた。時を超えて今の風景に溶け込むその佇まいは、まさに「ステキ」のひと言に尽きる

 1949年から始まったアメリカでの空冷VWの販売台数は、最盛期には年間約50万台近くに達しています。つまり、ファーストユーザーに加え、セカンドユーザー、サードユーザーまでを含めると、実に数百万人にも及ぶアメリカ人が、空冷VWによるモビリティの自由を享受したことになります。

LAのスーパーマーケットの駐車場に停まっていたオリジナルペイントの1303。足として使われている割にはコンディションも良好。良い意味で自然体な雰囲気だ

 こうした長年にわたるアメリカでの空冷VWカルチャーの創造主は、その魅力に取り憑かれ、レースやカスタマイズに没頭する人たち、そして、自由を追い求めるヒッピーをはじめとする多くのヤングスターたちでした。

LA郊外のフリーウェイを快走するビートル

 つまり、空冷VWのカルチャーは、人種、性別、世代、思想、志向、そしてなによりも、アメリカの多様性を大きな原動力として、それぞれの時代で大きな花を咲かせていくのです。それら偉大なる空冷VWカルチャーのひとつが、西海岸はカリフォルニアで広まったキャルルックで、1970年代後半には日本にも最先端のホットウェーブとして押し寄せてきたのです。

フロントドロップにしてタイヤサイズもリアファットにした、キャルルックのお手本ともいえる一台。エンジンはシンプルなツインキャブ化でホイールもお約束のBRMで決まっている

■本場の空冷VWドラッグレースに興奮

本場、VWのドラッグレースを観戦。フロントが浮き上がってスタートするシーンは圧巻!

 10月31日(日)、ロサンゼルス郊外の「アーウィンデール ドラッグ ストリップ」というドラッグレース専用コースで行われた「HOT VWs Drag Day」を見に行ってきた。
すでに当日の主役であるドラッグスター達の爆音が響き渡り、数百台もの空冷VWが集合していました。前段の「HOT VWs」の渡辺編集長によると、「ロサンゼルス近郊には、こうしたドラッグレース専用コースが3ヵ所もある」というのだから羨ましい限りです。

 ちなみに、「HOT VWs」は、長年に亘ってこのシリーズ戦をサポートしているそうで、運営は、空冷VWイベント界の名門中の名門である「BUG IN」事務局が取り仕切っていました。日本でも、この本場の空冷VWイベント「BUG IN」の興奮を再現しようと立ち上がった有志らにより、1981年から1985年までの計5回、三重県の鈴鹿サーキットで「BUG IN Japan」が開催されています。

当日、約50台のドラッグスターが集結! 最速マシンは5秒台

 当日はドラッグレースのシリーズ最終戦ということで、入念にチューニングされた約50台のドラッグスターが爆音を轟かせながら1/8マイル(約200メートル)の走行タイムを競っていました。フルチューンした水平対向4気筒エンジンが爆音をあげると、リアタイヤが白煙を上げ、フロントをリフトアップさせながらロケットのようにぶっ飛んでいきます。

 最速マシンで5秒台と、可愛らしいビートルの姿からは想像できないその大迫力は、まさに感動ものです。ちなみに、このレースではありませんが、過去には名門の空冷ドラッグレースで日本人が全米チャンピオンに輝いた実績もあります。

 オイルの焼ける匂いとバーンナウト(タイヤを空転させてグリップ力を高める作業)で焼けたゴムの匂いが漂うドラッグコースの横では、眩しい太陽が降り注ぐ大きな青い空の下、レースに参加しない空冷VWオーナーたちによるカーショーが行われていました。

 そこではまさにアメリカの多様性を反映したような、多種多彩な空冷VWが所狭しと並び、コロナ禍で会えなかった旧友たちが共に再会を喜びあい、始終、和やかに愛車自慢を繰り広げていました。

オリジナルからキャル、スリーパー、ラストスタイル、水冷ヤングタイマーなど多彩なVWが集合していた

タイプIIもアメリカでのVWカルチャーを語るうえで欠かせない空冷VWだ。会場にはさまざまなスタイルのタイプIIバスやキャンパーのウエストファリアでにぎわっていた

タイプIカルマン(右)とタイプ3カルマン。いずれもオリジナルのグッドコンディション。手前のタイプIカルマンのオーナーは、ハーネスを引き直した完璧な状態が自慢だという

日本で言うバモスホンダのようなイルティス(タイプ181)も、カリフォルニアで乗りたいお洒落なオープンモデルだ

■楽しみ方はオーナーの数だけある。それがVW

 今回のカーショーでも多種多様な空冷VWを見ることができましたが、その楽しみ方(スタイル)は、まさに「オーナーの数だけある」といっても過言ではありません。

 例えば、空冷VWの代表的なカスタムスタイルである「Cal Look(キャルルック)」は、日本でも、これに関する専門の本が出版されるほど奥深いものなので簡単には説明できませんが、ここ本場のカリフォルニアでも、いまだに進化し続けているというのだから驚きです。

乾燥したカリフォルニアではサビの進行が遅く、いい感じのヤレ感がとても自然体で絵になる。またあえてサビを再現したラストスタイルも楽しみ方のひとつだ

ディスプレイも完璧なキャルルックのスリーパーは、狭いリアエンジンスペースにどデカいターボタービンを搭載。いったい何馬力出てるのだろうか

ワイルドな出で立ちのバハスタイルも本場カリフォルニアでは定番のスタイル。アメリカンV8マッスルカーにも負けない存在感を放っている

これは珍しいタイプIのストレッチリムジン。エンジンはツインキャブ化しているという。こんなリムジンでパーティーにいくのも楽しそう

ビートルをベースにしたバギー仕様もキャルルックのひとつ。LAの海岸線を走りたくなるようなボディカラーのオープンだ

 ショーカーをよく見ると、極めてノーマルで程度の良い個体から、リアの狭いエンジンルームに、どデカいターボをぶち込んだスリーパー(外観は普通だがエンジンチューンなどがされている)やホットロッドを模したペイントが施されたビートルなど、ついつい引き寄せられてしまいます。

メッシュのホイールリング以外はほぼノーマルの6V時代のビートル。淡いウグイス色がカリフォルニアの青い空に似合う

狭いエンジンスペースに押し込まれたターボタービン。さすがにエアコンは入らなかったようだ

ホットロッドのような派手なデコレーションとCal Lookお約束のBRMホイールが決まっているビートルカブリオレ

 VWはよく「キャンバスのようなクルマだ」と言われます。オーナーは自分のVWをキャンバスに見立て、この世に2つとない絵を描くように自分のスタイルを作り上げる。つまり、オーナーの数だけ、空冷VWスタイルがあると言うことを、本場の空冷VWシーンを見てあらためて思い出しました。

乗りっぱなし感の自然なラストスタイルが決まっているタイプI。クラシックなブラックのカリフォルニアナンバープレートもマニア垂涎のアイテムだ

カリフォルニアと言えば、海岸線を走るサーフボードを載せたピックアップが絵になるが、アメリアではゴルフIベースのカッコいいキャディを多く見かける

ジェッタ顔ゴルフIIもヤングタイマーとしてイベントに参加。もう30年も経つのだから貴重なVWだ

■スワップミートでお宝発見!?

 本場のドラッグレースも迫力満点でしたが、カーショーと並行して行われていたスワップミートも同様に外すことのできない大事なイベント・コンテンツのひとつです。日本でも500台規模の空冷VWイベントが行われ、同様のスワップミートを楽しむことができますが、やはり本場カリフォルニアならではのお宝に巡り合えるかもしれないというワクワク感があります。

 スワップミートでは、細かな部品から大物はクルマそのものまであって、おおよそ何でも揃っています。しかしながら、モノによっては「真贋」を見極める目を養っておかないと、残念なものを掴まされることもあるので気が抜けません。

 また、ここで見られるものはクルマ関係だけでなく、同じ時間を共に歩んできた生活雑貨品やアクセサリーなどもあるので、家族連れでも十分楽しむことができます。ちなみに、筆者の戦利品は、ブルーのカリフォルニアナンバープレートで、「日本から来たんだよ」と言ったら、5ドル値引きしてくれました。

目移りしてしまうほど豊富なアイテムが揃うスワップミート。あれこれ物色して、価格交渉してみるのもスワップミートの楽しみ方のひとつだ。筆者はブルーのカリフォルニアナンバープレートを5ドル値引きしてもらった

スワップミートはまさかの掘り出しモノが見つかることもあり、つい探してしまう

エンジンからミッション、ホイールまでなんでもござれのスワップミートは宝物の宝庫だ

スワップミートは空冷VWが不滅であるかのように多くのスペアパーツを見つけることができる。みんな真剣な眼差しで品定めしていた

レストアラーの出店もあって、同ショップが手がけた空冷VWのレストアプロセスを紹介していた

なんと、パチンコ台まで売っていた!これだから旧車のスワップミートは楽しい

■SEMAショーの空冷VWたち

「HOT VWs」の渡辺編集長によれば、SEMAショーでは空冷VW関係は減ったものの、伝統のチューニングブランドやパーツサプライヤーが出展しているとのこと。とんでもなく広大な会場に入ると、さっそく入口付近でバハ仕様のビートルが出迎えてくれました。

 バハとは、毎年11月、バハ・カリフォルニア半島で行われるSCOREインターナショナル主催の自動車と二輪車によるレースで、昼夜を問わず砂漠を爆走する過酷なレースです。

 会場内にはバハに関するコーナーがあって、そこでは、砂漠でのRR方式によるトラクションが如何に有利だったのかを証明するかのように、何十台もの空冷VW参戦マシンが展示されていました。

広大な会場で行われたSEMAショーを細かく見て回るには最低でも3日必要だ

SEMAショー会場のEMPIブースにて。EMPIは空冷VWのカスタムシーンに欠かせないブランドのひとつだ

一時に比べると空冷VW関連の出展は減ったというものの、チューンドエンジンや各種パーツなど、まだまだ根強い定番アイテムが紹介されていた

広大な会場では、バハレース主催者の広大なブースがあり、ここで活躍した空冷VWが多数展示されていた

 また、今回のSEMAショーで印象的だったのは、EVの新型車だけでなく、旧車に対するEVコンバートの提案が多かったことです。例えば、空冷VWでは、ホンダバモスのようなカジュアルなドライビング・スタイルが楽しい「シング(タイプ181)」をベースにしたEVコンバートがありました。

 他のEVコンバートモデルもそうなのですが、この「シング」もマニュアルトランスミッションをそのまま生かしており、クルマ好きにとっては大歓迎なこと。今後は、こういう旧車の乗り方もありだなと思ったりしたのです。

今年のSEMAでは旧車のEVコンバートの提案も多く、これはイルティスをEV仕様にしたもの。多くのEVコンバートモデルがマニュアルだったのが、とてもうれしい

マニュアルギアボックスをそのまま生かしたEVは、きっと走りもナチュラルで楽しいに違いない。旧車のひとつのあり方だと思った

ロングビーチで出会ったアーリーバス。可愛らしいサーファーガールが颯爽と走り去っていった

 今回、実際に見た本場の空冷VWたちは、まさにカリフォルニアの青い空とこれにマッチした音楽のように、色褪せることなく、爽やかな思いのまま、その魅力を放ち続けていました。

 まもなく日本でも、国内最大級の空冷VWのイベント、第15回ストリートVWsジャンボリーが2021年11月21日(日)、フェスティバルウォーク蘇我で開催されます。

 筆者もさっそく、現地で値切ったカリフォルニアナンバープレートとSEMAショーでもらったステッカーを貼って、Cal気分満載で出かけてみようと思います。

SEMAショーで集めたステッカー。こうしたステッカーを格好良くクルマに貼るだけでも立派なキャルルックになりそうだ

[gallink]

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します