サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1、ホンダPUの”進歩”疑うメルセデスのコメントに困惑「2基目のPUは1基目と全く同じ仕様」

ここから本文です
 F1第7戦フランスGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝した。レッドブルのマシンはフリー走行からストレートスピードが優れたセットアップとなっており、レース中盤にフェルスタッペンがルイス・ハミルトン(メルセデス)を抑えておく上でも、ストレートでのアドバンテージは役に立ったように思える。

 レッドブルはローダウンフォース仕様の小さいリヤウイングを採用。空気抵抗を減らしてストレートスピードを向上していたが、メルセデスはパワーユニット(PU)の変更が関係しているのではないかと疑っていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ