サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1の2020年型マシン『W11 EQ パフォーマンス』がコースデビュー。まずはボッタスが走行

ここから本文です
 メルセデス-AMGペトロナスF1チームが、2月14日、2020年型マシン『W11』を正式に発表、イギリス・シルバーストンでシェイクダウンを行った。

 メルセデスは、正式名称『メルセデス-AMG F1 W11 EQ パフォーマンス』の画像を14日朝に公開、シルバーストンでチーム代表トト・ウォルフ、レースドライバーのルイス・ハミルトンおよびバルテリ・ボッタスのインタビューのライブ中継を行った。その後、最初にボッタスがニューマシンのステアリングを握った。

おすすめのニュース

サイトトップへ