サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダニエル・リカルド「ハミルトンは熱くなりすぎていた」とイギリスGPクラッシュに指摘

ここから本文です
 F1第10戦イギリスGP決勝で起きたクラッシュを巡っては、チームやドライバーから様々なコメントが発せられているが、ダニエル・リカルド(マクラーレン)はハミルトンが熱くなりすぎていたと指摘している。

 クラッシュはレース1周目、速度の乗るコプス・コーナーで発生。先行するマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に対し、半車身ほど並びかけてイン側に入ったハミルトンだったが、左前輪がフェルスタッペンのリヤに接触。フェルスタッペンは大きく弾き飛ばされ、バリアへと衝突してしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン