サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストンマーティン DBSとマクラーレン GT。英国流「スーパーGT」はメインストリームとなるか?

ここから本文です

アストンマーティン DBSとマクラーレン GT。英国流「スーパーGT」はメインストリームとなるか?

Aston Martin DBS Superleggera × McLaren GT

アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ × マクラーレン GT

真冬に4シーターオープンを味わい尽くす! ポルシェ911ターボ × フェラーリ カリフォルニアT編 【Playback GENROQ 2017】

英国が誇るモンスターGT

2人分の荷物を積み込んだGTで非日常を味わう旅に出る──。コンフォートかつスポーティで、そんな好事家の夢を叶えてくれるのが「スーパーGT」を名乗る英国製の2台だ。アストンマーティンとマクラーレンが満を持して送り出したモンスターの実力を探る。

「スーパースポーツではなくスーパーGTと呼ぶのには確たる理由がある」

マクラーレン GTと、アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ。いずれも現在のマクラーレン、そしてアストンマーティンが生産する「スーパーGT(グラン・ツーリスモ)」だ。彼らがそれをスーパースポーツではなくスーパーGTと呼ぶのには確たる理由があり、それは例えば長距離のクルージングにおいても疲れを最小限に抑えるシャシーのセッティングであったり、旅行に必要な荷物を搭載できる利便性であったりと、通常のスーパースポーツであればパフォーマンスのために切り捨てられるだろう性能を有していることがその最大の特長といえる。とはいえアクセルペダルを踏み込めば、そこから先の世界は紛れもなきスーパースポーツの世界。スーパーGTの魅力とは、この二面性にある。

まずはデビュー時に、マクラーレン自身が新たなスポーツカー像を提案するのだと宣言したGTからステアリングを握る。GTの場合もその基本構造体はCFRP製のモノコックタブであるから、ドライバーズシートに身を委ねるには太く、そして高いサイドシルを乗り越えなければならないと覚悟していたが、意外にもそのサイドシルの高さは低く、自然な姿勢で車内に乗り込めた。それはもちろん助手席も同様。キャビンは開放感に満ち溢れ、さらにその背後には420リットルもの容量を持つ縦長のラゲッジスペースが配される。

「DBSは基本的にドライブモードはコンフォートで十分」

それにしても美しいクルマだ。それは街を歩く人の多くが、かなりの割合でこのGTに興味を抱いていたことからも明らかだ。リヤミッドに搭載されるエンジンは、620psの最高出力と630Nmの最大トルクを発揮する4.0リッターV型8気筒ツインターボ。ドライブモードを、パワートレイン、シャシーの各々で、コンフォート、スポーツ、トラックに変化できるのは、これまでのマクラーレンと変わらない。

個人的には基本的にはいずれもコンフォートでセッティングは十分。たまにスポーツで遊ぶといった程度の使い方が一般的なのではないかと思う。V型8気筒エンジンのパワーバンドは3000rpmを超えた頃から、けれどもこのGTに乗っていると、あえてそのようなことも気にならなくなる。

「乗ってみなければ分からないというのは、このDBSのようなモデルのことを言う」

それではもう一方の、アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラはどうか。ボディカラーがキセノングレーだったということもあり、こちらは第一印象ではスーパーGTというよりも、硬派なスーパースポーツといった感覚が強い。フットワークの力強さをこれでもかと主張するかのようなリヤフェンダーの造形。アストンマーティンの伝統ではあるものの、大きく特徴的なグリルで時に威圧感さえも演出するフロントマスク。乗ってみなければ分からないというのは、このDBS スーパーレッジェーラのようなモデルのことを言うのだろう。

DBS スーパーレッジェーラに搭載されるエンジンは、アストンマーティン自社製の5.2リッター V型12気筒ツインターボ。最高出力と最大トルクは725psと900Nmと、マクラーレン GTよりさらに強力な数字となるが、それをドライブしてまず感じるのは暴力的なパワーフィールではなく、GTならではの爽快感、そして軽快感なのだ。V型12気筒エンジンやサスペンションの動きが常にナチュラルな反応なので、ドライバーは安心して、長時間のドライブでもアクセルペダルを踏み続けることができる。このマン・マシンの一体感こそが、GTとしての大きな魅力となっているのである。

「高速道路でのクルージングは、DBSの魅力が発揮されるステージだ」

高速道路でのクルージングは、DBS スーパーレッジェーラが最も魅力的な走りを主張するステージだ。乗り心地には一切の不満も不安もなく、キャビンにはプラス2シートさえ備えられる。もちろんこのシートで長時間の移動は難しいが、それがあることによる安心感や、ラゲッジスペースとして活用するなど、実用性は確実に高まっている。そしてリヤには、独立したラゲッジルームさえ備わっているのだから。

今回の取材では、マクラーレンとアストンマーティンが主張する、スーパーGTとスーパースポーツの違いを実際に走りの中で感じることができた。いずれもそのパフォーマンスを調べてみれば、スーパースポーツ級のエンジンを搭載し、実際にマクラーレンGTは0-100km/h加速を3.2秒で、また最高速は326km/hを達成。同様にDBS スーパーレッジェーラは、3.4秒、340km/hを実現することができるのだから、これは過去をさかのぼれば、スーパースポーツの中でもトップクラスの運動性能といえるだろう。それでもマクラーレンとアストンマーティンの両車は、エンジンやサスペンションのチューニングによって、より乗りやすく、ドライバーとパッセンジャーにとって優しいGTを造り上げたのだと世界に主張してみせたのだ。

「これからのスーパースポーツは、スーパーGTの世界に近づくだろう」

アストンマーティンの場合は、現在の段階ではこのDBSスーパーレッジェーラがスーパーGTのハイエンドモデルとなるが、マクラーレンにはアルティメットシリーズに、オーバー400km/hの最高速を可能にするスピードテールが存在する。マクラーレンが現在持つ技術のすべてを注ぎ込んだ、まさに究極のGT。それがどのような走りを演出するのか。こちらは限られたカスタマーのみが知ることになる。

スーパースポーツの世界は、これからさらにスーパーGTの世界に歩み寄っていくのではないか。ここ最近の傾向を見ると、そう考えさせられるのもまた事実だ。いずれにせよ、その進化が止まることはない。

REPORT/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)
PHOTO/田村 翔(Sho TAMURA)

【SPECIFICATIONS】

アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ

ボディサイズ:全長4712 全幅1968 全高1280mm
ホイールベース:2805mm
乾燥重量:1693kg
エンジンタイプ:V型12気筒DOHCツインターボ
総排気量:5204cc
最高出力:533kW(725ps)/6500rpm
最大トルク:900Nm(91.8kgm)/1800-5000rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:RWD
サスペンション:前ダブルウイッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前265/35R21 後305/30R21
0-100km/h加速:3.4秒
最高速度:340km/h
車両本体価格:3573万600円

マクラーレン GT

ボディサイズ:全長4683 全幅2045 全高1213mm
ホイールベース:2675mm
乾燥重量:1466kg
エンジンタイプ:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3994cc
最高出力:456kW(620ps)/7500rpm
最大トルク:630Nm(64.2kgm)/5500-6500rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:RWD
サスペンション:前後ダブルウイッシュボーン
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前225/35R20 後295/30R21
0-100km/h加速:3.2秒
最高速度:326km/h
車両本体価格:2695万円

【問い合わせ】

アストンマーティン・ジャパン・リミテッド
TEL 03-5797-7281

マクラーレン東京
TEL 03-6438-1963

マクラーレン麻布
TEL 03-3446-0555

マクラーレン大阪
TEL 06-6121-8821

マクラーレン名古屋
TEL 052-528-5855

マクラーレン福岡
TEL 092-611-8899

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します