サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > セントレア制限区域内で自動走行バス運行 丸紅とZMP、実用化に向けた最終実証実験

ここから本文です
丸紅とZMPの合弁会社であるAiROは、中部国際空港(セントレア)制限区域内にて、12月16日から18日の3日間、自動走行バスによる乗客の輸送を想定した実証実験を実施する。

AiROは、航空輸送の拡大と空港グランドハンドリング業務の労働力不足に対応するため、空港グランドハンドリング事業や航空分野の知見とノウハウを持つ丸紅と、自動運転技術の開発力と実績を持つZMPにより設立した合弁会社。空港制限区域内の自動運転製品・サービスの事業化を目的としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ