サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トルコGPは“恐ろしい”水しぶきで大変だった……ノリス「あまりの酷さに、恐怖を感じた」

ここから本文です
 イスタンブール・パークで行なわれたF1トルコGPを7位で終えたランド・ノリス(マクラーレン)。ウエットコンディションとなった今回のレースが巻き上げられる水しぶきによって非常に難しいモノとなっていたと彼は語る。

 トルコGP決勝は各車がインターミディエイトタイヤでスタートする”ちょい濡れ”のコンディション。レース中は気温も低く時折小雨に見舞われ、路面が完全に乾くことのない状態での走行となったため、各ドライバーはタイヤのマネジメントに気を使うことになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ