サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インディ500プラクティス初日はアンドレッティ勢が上位を席巻。アロンソ5番手、佐藤琢磨13番手

ここから本文です

 世界三大レースのひとつ、インディ500の練習走行が開始され、アンドレッティ・オートスポーツから参戦するジェームス・ヒンチクリフが初日のトップタイムを記録した。

 新型コロナウイルスの影響で、異例の8月23日決勝となった第104回インディ500。観客を迎え入れてレースを実施することも検討されていたものの、結局無観客で開催されることになった。

■アロンソ、インディ500挑戦は当面今年が最後?「F1復帰後の挑戦は難しい」

 また今年は例年よりも走行時間が削られており、8月12日(水)にプラクティスがスタートし、15日(土)と16日(日)に予選が行なわれる。

おすすめのニュース

サイトトップへ