サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキは2022年に電動ビークルを最低3台は登場させる! ガソリン、水素、電気で未来を描く

ここから本文です

スポーツバイクの可能性も……!

脱炭素からネオクラシックまで全部ヤル! 新生カワサキモータースの大戦略

カワサキモータースは、EICMA 2021のプレスカンファレンスで伊藤浩社長がスピーチを行い、そこで水素エンジンやライダー支援システムといった新たな技術についての展望を述べたほか、最低でも3台の電動ビークルを2022年に登場させると、聴衆を前に約束した。

バイオ燃料やeFuelsなど、あらゆる選択肢を検討

カワサキモータースは、EICMAプレスデーの11月23日にプレスカンファレンスを行い、将来に向けた様々な施策や可能性について言及した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン