サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今の日本に必要な万能車、RAV4…青山尚暉【日本カーオブザイヤー2019-2020】

ここから本文です

今の日本に必要な万能車、RAV4…青山尚暉【日本カーオブザイヤー2019-2020】

第40回「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考のもと、今年の1台はトヨタ『RAV4』に決定した。

審査委員の青山尚暉氏は、RAV4に10点満点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

日本市場に復活したトヨタRAV4は、クロスオーバーブームの中、クロスカントリー方向へと舵を切った、骨太なコンセプトを持つ本格SUV。

トヨタ最新のプラットフォーム、世界最高の熱効率も自慢のダイナミックフォースエンジン、世界初のオン/オフを問わない走りの気持ち良さと曲がりやすさを実現したダイナミックトルクベクタリングコントロール、そしてヘルプネット=SOSコールなどを採用するとともに、クラス最大級のラゲッジスペースを確保。

HVモデルは20km/リットルを超える実燃費と、災害時に大いに役立つ、非常時給電システムをも備えたAC100V/1500Wコンセントを用意。走破性の高さとともに、万一の際、頼りがいある電源車としても機能。特に専用通信機(DCM)を全車に標準化したところは、コネクティッドカー時代を象徴。オペレーターサービスやヘルプネットは、社会問題にもなっているあおり運転被害時などにも絶大なる安心をもたらしてくれる。まさに、今の日本に必要な万能車でもあるところを評価した。また、2020年中に加わるというPHVも待ち遠しく、期待したい。

☆☆☆

青山氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)

トヨタRAV4:10点

ホンダN-WGN:2点

マツダ3:5点

BMW3シリーズ:3点

ジャガー I-PACE:5点

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2019-2020では、トヨタRAV4が436点でイヤーカーに選ばれた。『マツダ3』が328点で次点、3位はBWM『3シリーズ』の290点だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します