サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA-F2:ベストルーキーに贈る『アントワーヌ・ユベール・アワード』を新設。2019年は周冠宇が受賞

ここから本文です

FIA-F2:ベストルーキーに贈る『アントワーヌ・ユベール・アワード』を新設。2019年は周冠宇が受賞

FIA-F2:ベストルーキーに贈る『アントワーヌ・ユベール・アワード』を新設。2019年は周冠宇が受賞

 ユニ・ヴィルトゥオーシからFIA-F2に参戦した周冠宇は、今年創設された『アントワーヌ・ユベール・アワード』を受賞した。

 この賞は、8月にスパ・フランコルシャンで行われた第9戦のレース1における事故で死亡したアントワーヌ・ユベールの実績を讃えて新たに設けられたもので、F2からその年のベストルーキーを称賛する目的で贈られるものだ。

IMSA:F2ドライバーのカルデロンがGT3デビュー。ランボルギーニでデイトナ参戦へ

 ユベールの名前を冠したこの賞は、12月11日(水)の夜にモナコで行われたF2の授賞式で周に贈呈された。周はF2初年度となった今年、表彰台を5回、ポールポジションを1回獲得し、合計で140ポイントを獲得してチャンピオンシップを7位で終えた。

 アワードのロゴはユベールを最大限に表すように作られており、彼のヘルメットのデザインの一部である赤、白、青の星があしらわれている。

 FIA-F2のCEOを務めるブルーノ・ミシェルは、次のように述べた。

「アントワーヌはこれからも常に我々ファミリーの一員であるだろう。我々は彼に敬意を表し、シーズンが来るたびに彼のことを愛情を込めて思い出せるようにしたかったのだ」

「よって、我々はアントワーヌの名を冠したこの賞を、そのシーズンのベストルーキーに贈呈することを決定した。私は、彼がこの年末までにベストルーキーのタイトルを獲れる戦いをしていたはずだと確信している」

 授賞式では、アントワーヌの弟であるビクトール・ユベールから周冠宇にこの賞が手渡された。

「この特別なアントワーヌ・ユベール・アワード・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞できたのは大きな名誉だ」と20歳でルノー・ドライバー・アカデミーのメンバーである周は語った。

「これは僕にとっても、そして今年の素晴らしい思い出にもなるものだと思う。個人的には間違いなく素晴らしいシーズンだった。僕たちは結果を出したし、これほど早く結果が出せるとは決して予想していなかった」

「もちろん今年は浮き沈みもあったが、ユニ・ヴィルトゥオーシの行ったすべてのハードワークと、ルノーにはとても感謝をしているし、ありがたく思っている。彼らが僕にしてくれたすべてのこと、より優れたドライバーになるために助けてくれたことに対してね」

「アントワーヌには最高の祈りを捧げている。彼が僕のことを誇りに思ってくれるように戦ったし、僕の残りのレーシングキャリアにおいてもずっとそうしていくつもりだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します