サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルがコロナ影響でニュル24時間レース参戦を見送り それでも2021年復活が不可欠な理由とは

ここから本文です

■スバルのニュル24時間レースへの挑戦 2021年は復活なるか?

 2020年6月29日の午後2時過ぎ、スバルから「STI NBR CHALLENGEチーム 第48回ニュルブルクリンク24時間レース参戦見送りを決定」の連絡が来て、筆者(桃田健史)は「やはり無理だったか…」と思いました。

スバル新型「レヴォーグ」は攻めたデザイン! 最新技術を集結したパフォーマンスワゴンに進化

 そして、2021年以降の活動について、どのような状況も起こり得るような含みを持たせたコメントを発表しましたが、いったいなぜなのでしょうか。

 世界一過酷なサーキットとして知られる、ドイツのニュルブルクリンク。

おすすめのニュース

サイトトップへ