サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最低2000万円以上もするベントレーの売れ行きが好調な理由とは

ここから本文です

最低2000万円以上もするベントレーの売れ行きが好調な理由とは

■コンチネンタルGTとベンテイガが世界的に大人気!

 ベントレー・モーターズが、2019年の販売台数を発表し、前年同期比で5%の増加、7年連続で販売台数が1万台を突破しました。英国の高級ブランドの代名詞であるベントレーのセールスが好調な理由はどこにあるのでしょうか。

みるからにエロ悪オヤジ仕様のマセラティ登場! 限定30台のギブリはなかなかにエモーショナルだった

 ベントレー創業100周年を迎えたメモリアルイヤーとなった2019年度のベントレーの総販売台数は、1万1006台でした。各マーケットでの販売台数は次のとおりです。
 
・南北アメリカ大陸:2913台
・欧州:2670台
・中国:1940台
・英国:1492台
・中東:852台
・日本:522台
・韓国:129台
・アジア太平洋:488台

 セールスが好調な理由として、「コンチネンタルGT W12」や「ベンテイガV8」の世界的な供給力の向上が一因として挙げられます。また、コンチネンタルGTには、クーペおよびコンバーチブルの両方にV8エンジンが導入されたことで需要が高まりました。
 
 また、ベントレー初となるSUVとして注目を集めたベンテイガは、これまでの販売記録を塗り替えるほどに需要が高く、新たに設定された「スピード」や「デザインシリーズ」さらにハイブリッドモデルがベンテイガの魅力を高めています。ビスポーク部門であるマリナーからも、3種類のベンテイガの限定モデルをリリースしましたが、それもすぐに売り切れるほどの人気でした。
 
 2019年にもっとも販売されたモデルは、コンチネンタルGTで、2018年度と比較して54%の増加となりました。
 
 驚くべきは、これまで年間販売台数の20%を占めていた、ベントレーの中核モデルである「フライングスパー」の販売がほとんどおこなわれていなかったにもかかわらず、2019年のセールスが好調だったことです。
 
 フライングスパーはモデルチェンジを控えていたために、2019年はほとんど販売されませんでした。つまり、コンチネンタルGTやベンテイガがいかにセールスを伸ばしたかということです。
 
 ベントレー・モーターズの会長兼CEOである、エイドリアン・ホールマークは、次のように述べました。
 
「2019年はベントレーにとって多くの理由で特別な年でした。ベントレーは、100年にわたる歴史で4度目の年間販売台数1万1000台超を達成しました。さらに、7年連続で1万台を超える実績を残しました。

 この結果は、すべての地域での需要の高まり、コンチネンタルGTコンバーチブルの導入が成功裏におこなわれたこと、さらにこの年5つの主要派生モデルや限定生産モデルの導入によるものです。
 
 この実績は、ベントレーの収益性の回復を確実にし、当社の再建が成功裏に進んでいることを示しており、2020年、およびこれからの100年に向かうベントレーの可能性を明確に示しています」

■日本での販売台数は過去最高をマーク!

 ベントレーは、68の国に238の正規販売店を擁しています。各マーケットでのセールス・レポートはどうなっているのでしょうか。

●南北アメリカ

 2018年に比べて30%増の2913台を販売しました。ベントレーはこの地域を最多販売マーケットと位置づけており、その強力なパフォーマンスは、記録的なセールスを達成した新型コンチネンタルGTによって後押しされています。

●欧州・英国

 欧州では、2018年に比べて5%増の2670台を販売しました。これは世界全体の販売台数の24%を占めています。
 
 また、英国では堅調な業績を維持し、2018年に比べて10%増の1492台を販売しました。

●中東・中国

 中東では2018年の974台から852台へと販売台数を減らしました。
 
 中国では、新型コンチネンタルGTだけは、12月の販売に漕ぎ着けましたが、全体的に供給力不足に苦しみ、2018年の2219台から1940台と、若干販売台数を落としています。

●日本・アジア太平洋

 日本では2018年に比べて19%増の522台をセールスし、過去最高の記録をマークしました。もっとも販売されたモデルは、コンチネンタルGT/GTコンバーチブルの248台、ベンテイガV8の182台です。
 
 アジア太平洋では、2018年の520台をやや下回る488台を販売しました。
 
※ ※ ※

 2020年は、新型フライングスパーのデリバリーが開始され、新型コンチネンタルGTのデリバリーも本格化される1年になります。2019年以上のセールスが大いに期待される1年となりそうです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します