サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP最終戦バレンシアFP2:クアルタラロが初日制圧。ヤマハ勢好調が続く

ここから本文です


 MotoGP最終戦バレンシアGPのフリー走行2回目が行われ、ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロがトップタイムをマークした。

 舞台となるリカルド・トルモ・サーキットは快晴に恵まれ、FP1から気温も上昇。気温17℃、路面温度21℃というコンディションでFP2開始時刻を迎えた。

■「モチベーションを見つけられなかった」MotoGP引退のロレンソ、度重なる怪我が影響

 セッション開始から7分、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が1分30秒974と早くもFP1トップタイムを超えるタイムを記録。ひとまずトップにつけた。そこにアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)らが続いた。