サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1タイヤアクシデント多発問題、ハミルトンの左リヤにもカットが見つかる。ピレリ、原因はデブリの可能性との見解

ここから本文です
 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝で2回のタイヤトラブルが発生、F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、デブリによってタイヤが傷ついたことが原因である可能性が高いとの初期の見解を示した。

 ランス・ストロール(アストンマーティン)は51周のレースの30周目、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は44周目に、それぞれ左リヤタイヤがバーストするという問題に見舞われ、ストレートで激しいクラッシュを喫した。幸いふたりにけがはなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン