サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 泳ぐクルマを発見! どうして魚の形をした自動車が生まれたのか?

ここから本文です

■数奇な運命をたどった魚の形をしたクルマ

 2018年の秋、ミラノ近郊を走る走行会、「Trofeo Milano」でとても奇妙なクルマに遭遇した。前から見ても、横から見ても、後ろから見ても、まるで魚。なんと、名前も「ペーシェ」、日本語で「魚」という意味だ。

「何コレ…」 丸みゼロ! 究極にカクカクしたクルマ3選

 この奇妙なクルマの物語を知りたくなった。一体、いつ、何故、誰が作ったのだろう?

 ペーシェの現在のオーナー、エドアルド・テンコーニは、1940年生まれの81歳。

おすすめのニュース

サイトトップへ