サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「何が起きたかよく分からない」ルクレール、予選アタック“時間切れ”に首傾げ

ここから本文です

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1アブダビGPの予選Q3でラストアタックに向かう際、チェッカーフラッグが振られた後にコントロールラインを通過したため、アタックに入ることができなかった。

 ルクレールはこのアタックに向かうアウトラップで、チームメイトのセバスチャン・ベッテルとカルロス・サインツJr.(マクラーレン)の後ろで待たざるを得ない状況でもあった。 

■「すごく新鮮に感じられる」ハミルトン、“久しぶり”のポール獲得に喜び

「何が起きたか良く分からない」と、ルクレールは言う。

「だけどこれも人生だ。時にはそういうことも起こる。

おすすめのニュース

サイトトップへ