サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > JR西日本・JR九州・佐川急便、山陽・九州新幹線での貨客混載輸送を検討 まずは「活車海老」を鹿児島中央から新大阪へ

ここから本文です
 JR西日本とJR九州、佐川急便は、佐川急便が受託した荷物を山陽・九州新幹線で運ぶ貨客混載輸送の事業化について検討を開始すると発表した。まず10月1日に鹿児島中央駅から新大阪駅に「活車海老」を輸送する実証実験を実施し、事業化の検証を進める。定時性や速達性、ネットワーク性の高さなど生かした鉄道輸送とトラック輸送の最適なマッチングを探りながら、新規ビジネスの創出を目指す。

 佐川急便の荷物を山陽、九州新幹線の車内販売準備スペースに集めた後に新幹線に載せて輸送する。鹿児島中央~博多間はJR九州グループが、博多~新大阪間はJR西日本グループがそれぞれ輸送を請け負う。

おすすめのニュース

サイトトップへ