サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルシア、現代のFCトラックへ水素貯蔵システムを供給

ここから本文です
自動車部品大手の仏フォルシアは、現代自動車から燃料電池自動車(FCV)水素貯蔵システムの大型契約を受注したと発表した。

フォルシアは、1万基の水素タンクを含む水素貯蔵システム全体を現代自動車へ供給する。システムは仏バヴァンにある水素貯蔵システム専門のグローバルCoE(Center of Expertise)で生産し、2021年に納入を開始する予定だ。4年間で現代の大型トラック約1600台に貯蔵システムを供給し、これらのトラックはその後、現代自動車がH2 Energyとスイスに設立した合弁会社に納入される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン