サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カネカの太陽電池、トヨタの自動運転EV『e-パレット』に採用

ここから本文です
カネカは、同社が開発した結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)が、トヨタのモビリティサービス(MaaS)専用次世代電気自動車(EV)『e-パレット』のルーフガラス部分に採用されたと発表した。

e-パレットはトヨタがCES 2018でライドシェアや移動店舗など様々なモビリティサービスに対応する電動車両として世界初公開。東京モーターショー2019では、東京五輪選手村で自動運転走行により選手や大会関係者の移動をサポートする「e-パレット東京2020仕様」が初公開された。

おすすめのニュース

サイトトップへ