サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国産ミニカーの代名詞「トミカ」が50周年! 自動車メーカーとコラボした特別モデル発表

ここから本文です

50周年を迎えるトミカの2020年は話題が一杯!

 誰もが1度は手にしたことがあるクルマ玩具メーカーのオーソリティー「トミカ(タカラトミー)」が、2020年で50周年を迎えた。1月15日、東京都内で行われた記者発表会の会場には、これまでに販売された1000台以上のトミカが展示されたほか、新商品の参考出品なども行われた。

実車よりも入手困難!? 夢のコラボで誕生した1/64スケール「トヨタGRスープラ」

 世代を超えて親しまれてきたトミカは1970年にその歴史が始まる。当時、国内のデパートやオモチャ屋さんで売られていたミニカーのブランドといえば、マッチボックスやコーギーといったコレクター向けの輸入品が主流で、車種も外国車が多かった。

おすすめのニュース

サイトトップへ