サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国産ミニカーの代名詞「トミカ」が50周年! 自動車メーカーとコラボした特別モデル発表

ここから本文です

国産ミニカーの代名詞「トミカ」が50周年! 自動車メーカーとコラボした特別モデル発表

50周年を迎えるトミカの2020年は話題が一杯!

 誰もが1度は手にしたことがあるクルマ玩具メーカーのオーソリティー「トミカ(タカラトミー)」が、2020年で50周年を迎えた。1月15日、東京都内で行われた記者発表会の会場には、これまでに販売された1000台以上のトミカが展示されたほか、新商品の参考出品なども行われた。

実車よりも入手困難!? 夢のコラボで誕生した1/64スケール「トヨタGRスープラ」

 世代を超えて親しまれてきたトミカは1970年にその歴史が始まる。当時、国内のデパートやオモチャ屋さんで売られていたミニカーのブランドといえば、マッチボックスやコーギーといったコレクター向けの輸入品が主流で、車種も外国車が多かった。

 トミー(現タカラトミー)は、「なんとか国産車を作り、日本の子供達にもっと身近な国産ミニカーで遊んでもらえたら」という夢を実現するために、ミニカー専用の工場を新設。海外製品に負けないモノを作るという強い思いで「デザインのこだわり、走りの良さ、可動部を備えた遊び勝手」に着目した開発を行った。

 そうした努力により完成したミニカーは、日産・ブルーバードSSS、トヨタ・コロナマークII、トヨタ・クラウンスーパーDX、トヨタ・クラウンパトカー、トヨタ2000GT、日産フェアレディZ432、ホンダ1300クーペ9の6車種。これらは、1台180円という価格設定で多くの子供たちを虜にしていった。

 「トミカの歴史は日本の自動車産業の皆さんが築いてこられたクルマ文化の歴史無くしては語れません、心から感謝申し上げます」とは、タカラトミー代表取締役会長の富山幹太郎氏。

 50周年を迎える2020年はトピックスだらけだ。東京オリンピックにあわせたトヨタの次世代型車両「e-Pallet」などをトミカ化。さらに、プログラミング教育を意識した「プログラミングトミカ」などの新製品の投入や、はとバスやロッテといった企業とのコラボレーション、2017年以来のアニメ化プロジェクトなども発表された。

自動車メーカー開発者がデザインした特別モデルも登場

 さらに、注目なのは「トミカ50周年自動車メーカーコラボプロジェクト」。実車好きならぜひ手に入れたい、自動車メーカーの開発担当者がデザインを担当したスペシャルなトミカ製品も発表された。

 ホンダ・シビック タイプR、トヨタ・GRスープラ、日産・GT-Rがベースとなったそれらミニカーは、1970年のトミカ黎明期から量産車のモデル化に協力しているホンダ、トヨタ、日産の3社とコラボレーションし、各社を代表するスポーツカーをベースにオリジナルデザインで装飾されているのが大きな特徴だ。

 当日会場には、実際にデザインを行った各社の担当者も登壇。ホンダ・シビック タイプRの開発チーフである本田技術研究所の柿沼秀樹氏、トヨタ・GRスープラの開発責任者を務める多田哲哉氏、日産・GT-Rの開発チーフ田村宏志氏らがゲスト出演し、それぞれの特徴を語った。

 ホンダ・シビック タイプRを担当した柿沼氏

 「社内コンペで選ばれた今回の色は、(トミカ50周年で)おめでたい色ということで、金色と紅白をイメージしています。実車のボディプレスラインに沿ったカラーデザインとなっており、このトミカを子どもにみせながら、『赤いところは空気を取り入れて冷やしているんだよ』とクルマの機能性をお父さんと子供の会話のきっかけになるようにという思いを込めています」

 トヨタ・GRスープラを担当した多田氏

 「遊んでいるシーンを思い浮かべてデザインを考えました。トミカは上から押して走らせることが多いですよね。単純に、“上から見た時に一番カッコイイものに”という発想でデザインしました」

 日産・GT-Rを担当した田村氏

 「今回のトミカ50周年モデルは、1980年代に開催されていたスーパーシルエットというレースに参戦していたスカイラインがモチーフです。当時、そのマシンは赤と黒のボディカラーを纏っていて、トミカさんにもスポンサードして頂いていました。今回は、そういったレーシングカーの雰囲気を復刻することを試みています」

 発売は架装された実車の展示とともにシビック タイプRが2020年4月の「トミカ博 in OSAKA」、GRスープラが2020年6月の「東京おもちゃショー」、GT-Rは2020年8月の「トミカ博 in YOKOHAMA」で順次発売される予定だ(税抜き800円)。

 続けて会場では特別トークショーも行われ、各開発責任者のトミカに対する熱い思いが語られた。

「親にダダをこねて買ってもらったトヨタ・セリカLBが印象深いです。自慢をするために幼稚園に持っていき無くしたのが今でも悔しい思い出です。その後、大学時代にバイト先の社長さんが実車を持っていて、それを譲ってもらいました。トミカがなければ購入にはつながりませんでした」と振り返る柿沼さん。

 「GRスープラの販売促進のために実車が販売する1年も前にタカラトミーさんに作ってもらいました。トミカを作ってもらうことでクルマが売れ、広まっていくというサイクルができていると思っています」と販売におけるトミカの重要性を語った多田さん。

 「GT-Rも2019年に50周年を迎え、トミカに親近感を覚えています。トミカはカッコいいんです、どの角度から見ても良いのですが、特に机の上に置いて、同じ目線で見たときの感覚は3歳とか4歳の時の感覚と変わらないですね。その刺激をGT-Rのカタログにも反映していて、最終ページにはミニカーで遊ぶ、子供のシーンがあります。私たちの子供時代はもちろん、これからクルマ文化を継いでくれる次世代の方々に向けた50周年だと感じています」と幼少期の子供たちに与える夢を話した田村さん。

 これからも「いつだって、カッコイイ」を合言葉に、子どもとクルマをつなぐ1台であり続けてほしいトミカ。ところで、読者の皆さんにトミカが与えた影響は何でしょうか。トミカ50周年をきっかけに、今昔話に花を咲かせてみてはいかがでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します