サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボが採用したGoogleの新しいインフォテイメントシステムの気になる中身

ここから本文です

ボルボが採用したGoogleの新しいインフォテイメントシステムの気になる中身

ボルボが採用したGoogleの新しいインフォテイメントシステムの気になる中身

ボルボ・カー・ジャパンは、 Androidベースの新しいインフォテイメント・システムを、XC60、S90、V90、V90クロスカントリーに装備し9月1日より販売する。

Google搭載のこのシステムは、自動車のインフォテインメントのあり方を再考し、ユーザーフレンドリーなインターフェースを特徴としている。

どこまでも優しく、柔らかく、美しい線と面。マセラティが造った全く新しいスポーツカー「MC20」が語るもの

ボルボ・カー・グループでは、Google Apps and Servicesを搭載した、Android ベースのインフォテインメント・システムを統合する電気自動車のXC40リチャージ(国内導入時期未定)が、このシステムを搭載した最初のボルボ車となった。

また、ボルボ・カーズは、Googleのアプリやサービスを利用できるAndroidベースのインフォテインメント・システムを搭載したすべてのモデルに提供されるデジタル・サービスを導入する。

デジタル・サービスには、Googleのアプリとサービス、Volvo Cars app(テレマティクス・サービス/ボルボ・カーズ・アプリ)、ワイヤレス・スマートフォン・チャージへのアクセス、およびサービスを実行するために必要なすべてのデータ通信が含まれており、これらの機能は新車から4年間、無償提供される。

Googleのアプリとサービスは、Googleアシスタントによる自然で直感的な音声操作、Googleマップによるスムーズなナビゲーション、Google Playストア経由でダウンロード可能なアプリの利用ができ、機能性を高めている。

Googleアシスタントを使えば、ドライバーは運転に集中したまま、声で様々な機能をコントロールすることができる。温度調節、目的地の設定、音楽やポッドキャストの再生、メッセージの送信や、その他のGoogleアシスタント対応デバイスの操作まで、ドライバーはハンドルから手を離さずに行なうことができる。

Google搭載の新インフォテイメント・システムを採用

新インフォテイメント・システムには、新たに「Google Apps and Services (Googleアプリ/サービス)」と、緊急通報サービスや故障通報サービスなどと連携する「Volvo Cars app(テレマティクス・サービス/ボルボ・カーズ・アプリ)」が採用された。

■「Google アプリとサービス」は以下の機能で構成される。
・ナビゲーション・システム–Googleマップ
・音声操作システム–Googleアシスタント*
・アプリケーション–Google Play

*2021年末以降より利用可能予定。
※無料利用期間は4年間となる。

■「Volvo Cars app(テレマティクス・サービス/ボルボ・カーズ・アプリ)」は以下の機能で構成される。
・緊急通報サービス
・故障通報サービス
・盗難車両検索機能 *☆
・ドライビング・ジャーナル(ドライブログ自動作成機能)*☆
・ヴィークルダッシュボードモニター(車両情報確認機能)*☆
・リモートドアロック及びアンロック機能☆
・エンジンリモートスタート☆

車両には Volvo Cars app サービスセンターおよびボルボ・カーズ・アプリとの通信用内蔵モデムが装備される。
*で示した機能は、2022年中に順次利用可能となる予定
☆で示したアプリについての無料利用期間は4年間、それ以外のアプリについては15年間となる。
※Google(ナビゲーション):Google のサービスが提供される地域で利用可能

関連情報:https://www.volvocars.com/jp

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら