サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 市販間近で究極のタイプRは幻に、小型SUVが戦車!? 2019年話題となったカスタムカー5選

ここから本文です

市販間近で究極のタイプRは幻に、小型SUVが戦車!? 2019年話題となったカスタムカー5選

■記憶に残る「東京オートサロン2019」出展車はどんなクルマ?

「東京オートサロン」は日本が誇る世界最大級のカスタムカーイベントで、チューニング&ドレスアップの総合展示会です。

こんなクルマに女性はドン引き!? ドライブデートにふさわしくない車5選

「チューニングカーの市民権を勝ち取る」というコンセプトから、1983年に前身の「東京エキサイティングカーショー」として開始。

 その後、合法的なチューニングパーツが増えたことからショーの認知度も向上し、1987年からは「東京オートサロン」に改名。いまではカスタムパーツメーカーやショップだけでなく、国内外の自動車メーカーも出展する一大イベントになりました。

 2020年1月10日から12日まで、令和初となる「東京オートサロン2020」が幕張メッセで開催されますが、その前に、前回の東京オートサロン2019に出展され、話題となったカスタムカー5車種をピックアップして紹介します。

●無限「シビックタイプR RC20GT Package Pre Production MODEL」

 ホンダブースに出展された無限(M-TEC)「シビック タイプR MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL」は、東京オートサロン2018に展示されていた「MUGEN RC20GT TYPE R CONCEPT」のパフォーマンスを市販車両でも楽しめるようにモデファイしたモデルです。

 サーキット走行を楽しむことをコンセプトとしていた「MUGEN RC20GT TYPE R CONCEPT」は、サーキットアタック専用モデルでしたが、「シビック タイプR MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL」は公道走行も可能なロードカーとして販売するとしていました。

 チューニングの内容としては、空気抵抗を増やすことなくダウンフォースがノーマルの3倍となるカーボン製エアロパーツや、オールチタン製エキゾーストシステムの装着などにより約43kg軽量化し、専用セッティングのサスペンション、ブレンボ製6ピストンキャリパーを備えストッピングパワーを強化。

 エンジンに関してはバランス取り程度のライトチューニングであり、ユーザーの「シビックタイプR」を預かってパーツを取り付け、セッティングを施して納車するという販売方法でした。

 しかし、その後2019年7月に無限は「『MUGEN RC20GT Package』の販売が現実的ではないとの判断に至り、発売を中止する事といたしました」とアナウンス。

 これによって、究極のタイプRは幻となってしまったのです。

●トヨタ「センチュリーGRMN」

 トヨタ自動車代表取締役社長兼執行役員社長の豊田章男氏が、2018年9月の自工会定例会長記者会見で乗ってきて話題となったのが、トヨタ「センチュリー」をベースにしたコンプリートカー「センチュリーGRMN」でした。

 通常販売モデルにはないホワイトのボディカラーが、モータースポーツシーンをイメージしたGRらしさを感じさせる、特別なセンチュリーです。

 世界に2台だけとされていたセンチュリーGRMNですが、東京オートサロン2019には、もう1台であるブラックボディが展示されました。

 スペックなど詳細は公表されていませんが、足まわりやパワートレインなどに多少手が加えられているとのことで、トヨタは「峠を攻めるクルマではなく後席の快適性を重要視しているため、そのあたりも考慮しています」とコメント。

 なお、ホワイトのセンチュリーGRMNは、2019年と2020年の箱根駅伝にて大会本部車として使われていたので、見たという人もかなり多いのではないでしょうか。

●日産「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャーコンセプト」

 東京オートサロン2019の展示車両のなかでも、かなりインパクトが強かったのが日産「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャーコンセプト」です。

 クロスオーバーSUVであるジュークに、巨大なオーバーフェンダーとクローラーを装着したモデルで、元々は雪上でのレスキュー用に制作されたモデルとして、実際に雪上や砂漠でのテストも実施済みとのことでした。

 日産によると、このコンセプトカーは「ジューク16GT FOUR」に搭載されているトルクベクトル付「インテリジェント 4×4」システムの、高い性能をアピールするために企画。

 なお、展示車両に装着されていたクローラーは海外で市販されているものなので、国内でも構造変更手続きさえおこなえば、公道を走行することも可能なようです。

■東京オートサロン2019の主役はジムニー!?

●スズキ「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」

 2018年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジとなったスズキ新型「ジムニー」は、東京オートサロン2019でも話題となります。

 なかでもスズキブースに展示された「ジムニーシエラ」をベースにしたカスタムカー「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」は異彩を放っていて、来場者の注目を集めていました。

 ジムニーシエラ ピックアップ スタイルは、ジムニーシエラの全長を30cm伸ばし、後席部分のキャビンを撤去して荷台を載せたトラックで、2シーター化された内装は、イエローと赤チェックのポップなカラーのシートが印象的でした。

 レジャーやDIY、趣味など生活のさまざまな場面で、「頼れる相棒」となることを提案するカスタムカーとして来場者の反響が大きく、市販化のリクエストも多数寄せられたようです。

●ダイハツ「コペン クーペ」

 2014年に発売されたダイハツ2代目「コペン」は、樹脂外板パーツなどが着せ換えできることで話題となります。

 オープン2シーター軽スポーツというコンセプトは初代と変わらず、ボディが3タイプ(現在は4タイプ)あり、それぞれのデザインテーマは、躍動感あふれる「ローブ」、親しみやすい「セロ」、新しいジャンルを拓く「エクスプレイ」となっていました。

 そして、ダイハツは東京オートサロン2016に3タイプのカスタマイズされたコペンを展示。そのなかの1台がセロをベースにした「コペン セロ クーペコンセプト」で、CFRP製ハードルーフを装着してルーフからリアエンドまで一体となった、エレガントなクーペスタイルが高い評価を得ます。

 2018年末に、ダイハツは「コペン クーペ」として200台限定で販売すると発表し、購入希望者を2019年1月から募集すると同時に、東京オートサロン2019に市販予定車として出展。

 開閉式のガラスハッチを備えて荷物の出し入れを可能としたほか、モモ製ステアリングホイールやBBS製鍛造アルミホイールなどを標準装着されていました。

※ ※ ※

 東京オートサロン2019は3日間の開催で合計33万人もの来場者がありました。いまや東京モーターショー並か、それ以上のビッグイベントとなっています。

 日本車のカスタマイズトレンドが東京オートサロンから発信されるとあって、海外メディアからも注目され、多数の外国人記者も来場するほどです。

 東京オートサロン2020は1月10日から始まります。すでに出展車両の情報も出ていますが、明らかになっていないクルマも多数あり、どんなカスタムカーが見られるのか、いまからワクワクが止まりません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します