サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「四つ葉のクローバー」のありなしで何が違う? アルファロメオのエンブレムの謎

ここから本文です

「四つ葉のクローバー」のありなしで何が違う? アルファロメオのエンブレムの謎

高性能の証として付けられている

 アバルトのサソリ、フェラーリの跳ね馬、ランチアのフライングエレファントなど、イタリア車はロゴやエンブレムひとつとっても、伝説やエピソードが背景にあることが多く、クルマ好きを楽しませてくれる。

「裏切り?」FF化にファンは涙! FRを捨てたクルマは正解or失敗?

 アルファロメオであれば、ミラノの紋章とビスコンティ家の紋章を組み合わせたエンブレムがお馴染みだが、もうひとつ、四葉のクローバーもよく見かける。これ、4WDグレードを表していると勘違いしている人もいるが、実際は高性能の証として付けられているものなのだ。

 イタリア語のクアドリフォリオは訳すと四葉のクローバーで、日本同様に幸運の印でもある。最初にアルファロメオの車両にクアドリフォリオが付けられたのは、1923年で、日本だと大正12年。なんと100年ほどの歴史があることになる。

 はじまりはウーゴ・シボッチというドライバーが、ミッレミリア同様に伝説の公道レースとなっているタルガ・フローリオにアルファロメオRLというモデルで参戦する際、四葉のクローバーを描いたところ、見事優勝したのがきっかけ。

 その後も縁起担ぎで付けられるようになるものの、ウーゴ・シボッチはヨーロッパGPの予選中にモンツァで事故死。その際のP1と呼ばれる車両にはクアドリフォリオが付けられていなかったことから、さらに伝説となる。またこのときから、弔意を表すために、緑の四葉のクローバーの背景は白い三角が描かれるようになった。

 戦後もF1で1950年と1951年にアルファロメオが圧倒的な強さで年間総合優勝を飾るが、このときももちろんクアドリフォリオは車両に付けられており、すでにイメージができ上がっていた。

 1960年代になると、それまではレース車両のみに付けられていたのが、市販車にも拡大される。アルファロメオはツーリングカーレースでも活躍をしており、そのベースとなるホモロゲモデルなどにも付けられるようになった。たとえば、ジュリアTIスーパーやジュリアスプリントのGTAなどで、現在残っている車両を見ても誇らしげにフェンダーにクアドリフォリオが付いていたりする。

 その後、記憶に新しいところでは、1990年代初頭、ドイツのDTMで155V6が大活躍。そのボディにも当然、クアドリフォリオは付いていたが、次第にレース活動からは遠ざかり、代わって1980年代から上級グレードの証として使用されるようになっていく。

 このとき、高性能モデルにはグリーンのクアドリフォリオヴェルテに加えて、豪華モデルには金色のクアドリフォリオオーロが登場し、2タイプの四葉のクローバーが存在していた。古めなところでは145や155、164などに付いていた。現在でも8Cコンペティツィオーネだけでなく、SUVのステルビオやセダンのジュリアにも見られるし、F1の参戦車にも、もちろんこのボディにもクアドリフォリオはあしらわれている。

 走りの紋章であり続ける四葉のクローバー。さまざまな伝説やエピソード、戦歴、モデルなどが存在するのはさすがアルファロメオと言っていい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します